玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2015年06月16日

6年前が3年前と感じていたのは、半分が無意味であったのか?

奥村大亮さんに誘われて(誘拐されて、あるいは拉致ともいう)
支笏湖にカヌーを浮かべました。

見事にわたしも浮かばれました(合掌)。

湖水の真ん中まで流されて岸に帰れなくなり、危うく未だに湖水であえいでいるということもありえました。

やはり・・・、一人ではカヌーを出せないので私を誘ったという疑いが消えません。

そのショウコに
私はカヌーの先端に取り付けられ、付属設備に組み込まれました。
一切の思考力が消えてしまい
手動式オール掻き機械になっていました。

詩ができました。

「支笏湖に遊ぶ」

湖水に カヌー浮かべ
浮かぶままに 見上げれば
星またたき

またたく間の人の世想えば
熊 遠雷のごとく 切なく吼ゆる

支笏湖は今日も明けんとす


実は上の記事は2009年にブログに書いたものです。

隣にダイスケさんが居て、「えー、2,3年前だと思っていたけど、もうそんな昔???」

と、二人で驚いていました。

光陰矢の如し

あっと言う間に僕も66歳です。

このペースだと間違いなく67歳になってしまいそうです。

いえ、67歳になったことに気づかないで120歳にはなっているでしょう。

この6年間わたしはなにをしていたのかと・・・。

1秒が4コマくらいにスベっていたのでしょうね。

時間よ止まれ、と言いたいところですが

それに近い方法を最近発見しました。

歳を取らないという魔法を知ったのです。

近く発表します。


posted by 変才冨田 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼけ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック