玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2015年06月08日

新発売「玄米トースト」 7号食の友でも、おやつにも、モーニングにも!

IMG_0726[1].JPG

IMG_0708[1].JPG

で、これは美味しいのか?
という質問が多いのです。
これ自体は塩気が薄く味がするわけではないのです。
塗るものによって輝いたりします。
まあ、影の薄い彼であってもあなたがついておれば輝くようなものです。

写真は黒ゴマペースト3:玄米甘酒2 レモン汁少々です。
これを塗りたくって食べると美味しい!

その他、なにしろ原料がお米ですから、ごはんに合うものは全てOKでしょう。
たとえば、岩ノリを塗る  醤油を塗ってトースターで焼く 青のりの粉を振りかける

番茶に崩して入れてからお茶漬けの素でもいいかも  クルトンとしてもOKですね。

アイデア次第ではないか、ということで

そこで、アイデアレシピコンテストをします。

上位三名には
IMG_0728[1].JPG
がプレゼントです。
やっと完成のロングランセミナーの第一回のDVdがありますよ。
わたしの本が三冊に「玄米トースト」が四袋あります。

定価 一袋(8枚入り)250円 発売記念価格200円 ご注文は4袋単位でお願いします。
これだけ送ると送料がかかりますので5400円以上になるようにお米などご注文ください。

ご注意 この商品はBL研究所の商品です。
ご注文先 050−1193−9391 faxも同じ
メール tetu.tomita@gmail.com
ラインでも注文できます。hiruandnで検索してスタンプ送信

応募方法 締切は7月末
下記の方法でレシピ付き(写真も)で応募してください。
お名前、ご住所と電話番号 メールアドレスを付けてください。
ブログ「あすなろ日記」のコメント欄
メール tetu.tomita@gmail.com
ラインでも注文できます。hiruandnで検索してスタンプ送信

結果はブログで発表します。

posted by 変才冨田 at 18:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 取り扱い商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この玄米トースト、お手軽で、私は好きです^0^
ごまペーストをぬって食べています(ぬりすぎて眉間に吹き出物が!!)。

ところで、私、今日、七号食ハーフの5日目です。
3月にパーフェクトコース、5月半ばにハーフコース、そして、6月5日より再びハーフです。
もう、ハーフなら、目をつむっていてもできる感じです。

ですが、5日目の今日、飽きてきました。
このトーストを使ったレシピではないのですが、
油を使わずに、玄米粉を使って、ご飯を挟んで、お好み焼きをつくました。
生地に少し塩を入れても、あとで、ごま塩をかけても良いと思います。
出来上がったら、レモンだけかけても、そのままでも、ごまペーストを少し置いても美味しかったです。

次に玄米粉の生地に玄米甘酒を混ぜ、パンケーキ風にもしてみましたが、こちらはいまいちかも、私は食べられますが(笑)。
材料の配合によっては美味しいかもしれません。
または、甘酒は混ぜずにのっけたほうがいいのかもしれません。

玄米トーストについては、七号食が終わったら何かレシピを考えようと思います。
味噌と甘酒、ナッツ(クルミ)などのせてもおいしいのかな。

ハーフコース5日目、あまり歩いてなかったので、便秘になり、反省しています・・・。

Posted by KF at 2015年06月09日 19:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック