玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2015年06月04日

大阪の♭での日常  そして「玄米トースト」発売のお知らせ

縁あってから約25年にわたって神戸のセラフィック春貴で玄米食普及や健康指導に携わってきました。

そして昨年のこと、ハナムラチカヒロ先生と縁あって、春貴とは独立して現在は大阪の地で遊んでいます。
外観はこんなです。
IMG_0697[1].JPG
一歩入ると
IMG_0698[1].JPGIMG_0699[1].JPGIMG_0700[1].JPGIMG_0701[1].JPGIMG_0702[1].JPGIMG_0683[1].JPGIMG_0705[1].JPGIMG_0706[1].JPG

と、まあこんな感じです。
この建物はアーティストであるハナムラチカヒロ先生が廃屋状態の印刷工場に6年移り住んで徐々に先生の友人や生徒さんたちと一緒に改造したものです。
ハナムラ先生はつい最近ここで結婚式を挙げられて
IMG_0704[1].JPG
ここを引っ越されました。
そのあとに声をかけていただきわたしがこの建物に入ったわけです。
苦労の末に完成されてからわたしが入ったわけで感謝です。
この場所は多くのアーティストさんたちが来訪されます。
最近はフランス人のパフォーマーや芸術家が多いですね。
最近も誘われてシャンソンロックなる演奏も難波のライブハウスで初体験しました。
彼らの世界観に触れて揺さぶられているところです。

こんな方もいらっしゃいます。
IMG_0703[1].JPG
吉田徹さんといって「妖怪ウオッチ」なども描いていらっしゃいます。
この絵はわずかの時間で花村先生の結婚式でのウエルカムボードです。マジックペンで描いたもので、もったいなくて消せません。
そうした方が訪れるたびにハナムラ先生がわたしにそうした方々をご紹介してくださるものですから、刺激になっています。
25年の鳴れでこびりついたサビを落とすことに大きな意味がありそうです。
ハナムラ先生の言う「まなざしのデザイン」をやっている最中です。

この地でのセミナー活動や出前講演、お米などの発送作業などけっこう忙しいですが、忙中閑ありで楽しんでいます。
新商品の企画なども始まっています。
重心調整用インソール「姿美人」の足型取りなどもやっていますが、長時間の座業も腰に負担なので
楽に座れる「お座り美人」も開発急ぎます。
明日から発売開始は
IMG_0708[1].JPG
ハーフ・トーストサイズで8枚入っています。
7号食にぴったりで、これにゴマペーストに玄米甘酒、レモン汁を混ぜたものを塗ります。
お湯に溶かせておかゆにして離乳食にもいいですね。
塩気は薄いのでワンちゃんのおやつにもなります。
発売キャンペーンで8枚入り1袋で250円が200円で販売です。
4袋のご注文でお願いします。
玄米トーストのみの配送は送料かかります。
5400円以上無料ですが、25袋になりますから多すぎますね。
なにかと同根でご注文ください。





posted by 変才冨田 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 取り扱い商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック