玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2015年05月30日

犬の食養

先生こんばんは いつもありがとうございます。 マチルダが玄米おじやを食べてから一週間経ちました。 目やにがなくなりました。 しかし腫瘍が破れて茶色の体液が出てきました。 更に質問なのですが、じゃがいもパスタは茹でて食べさせるのでしょうか?

回答
今晩は
ジャガイモパスタは食べるのではなく手当てです。

ジャガイモをそのまますりおろして小麦粉と混ぜた 耳たぶの柔らかさになればokでsu.

けれども大きな傷口ができたので感染の危険があるのでこれは使えません。

傷口の大きさによりますがかさぶたができてふさがれば「ジュクシシート」を貼り付けることも考えられます。

当分は食養で押すしかないですね。



posted by 変才冨田 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 取り扱い商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック