玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2015年05月05日

能力を増したい、記憶力を増強したい、集中力を増強したい!

こんにちは!お世話になってます。
以前、重量のあるものを運んでます、真夏の七号食の注意点は?と質問し、ご返答頂き、やったけど、酷暑に負けました。

今、全く別の仕事を頑張ってるんですが、まだ勤務一ヶ月で研修中、損保受付のテレオペで覚えることが多くてへろへろです。記憶力、集中力が欲しいです!

なんとかこの仕事続けたいけど、テストに3回不合格だと派遣の契約を切られるんです。でもテキストの持ち帰りは厳禁で、研修受講中の集中力が必要なんです( ̄▽ ̄;)

どうにか、覚えてる範囲で復習してますが、き、厳しい。
なにかにすがりたいのです!

回答
もうこれは「聴覚トレーニング」以外になさそうですし、これがピッタリですね。

これは脳の情報処理能力の問題です。

聴覚トレは聴覚を鋭くすることで集中力の増強を図るわけです。

そして、聴覚トレをすると非常に深く眠れるようになり、一晩で脳のゴミを清掃してくれ、明日のFエネルギーを準備してくれるのです。

10日間のレンタルの仕組みも作っていますのでお問い合わせください。


以下は実際にあった事例ばかりです。


 みゅーずBOXを自宅レンタルで使用された女性が、部屋の掃除を後回しにしなくなったとおっしゃっていました。掃除をするようになった、という声は案外に多いです。


 掃除をするには空間把握能力が必要です。聴覚トレーニングによって芸術のレベルが上がる人がいますが、そのような人もイメージの膨らみが豊かになります。キャンバスという空間に対して段取る力が高まるのでしょう。


 想像力というのは計測できませんが、確かにあるようですね。想像力は創造力とよく云ったものです。

先日、81歳の女性が傳田音楽の体験に来られました。


 先にとある場所で傳田音楽の小冊子を読まれており、脳の血行を良くしてくれるなら!ということで来られました。

 
 実際に20分ほど聴いていただきました。


 目もすっきりし、頭がすっきりしたそうです。


 その後、ご自宅でも使用されたところ、『もうこれ本当に良いわ!』というほどはまってしまいました。


 『小冊子に、夜中に尿意がきて途中に起きていた人がぐっすり眠れるようになった、と書いてあったけど、正直「ほんまかいな〜」と思っていました。でも、昨日に聞いてびっくり。本当に朝までぐっすり眠れるんですよ!』


 絵もされているそうですが(非常にお元気な81歳の女性です)、絵を描くときにアイデアが非常に簡単にまとまるそうです。


 頭の働きが良くなるんですね。


 眠りと言えば、もう1つ最近良く聴く話があります。


昨日に書いた、自閉症の少女の改善の詳細です。


 現在13歳の彼女は、この3〜4年ほど、夜中に起きては暴れていました。


 彼女の診断名は広汎性発達障害で、ADHL,知的障害、自閉症の3つの複合型で、特にADHLの症状が強いようです。


 昼間にストレスが溜まるようなことがあると、夜に夢を見て、多いときは夜中12時を過ぎてから5回も起きては『やだ〜!』とか『あっち行け〜!!』と壁を蹴るなど暴れていたそうです。


 昼間にストレスが無い時でも3回は夜中に起きていたそうです。


 そのたびに、お母さんが『大丈夫だよ、夢だから大丈夫だよ』と彼女を慰め、寝付かせていたのですが、少し時間が経つとまた夢を見ては泣き出し暴れていたそうです。


 お母さん:『病院でもらう安定剤を飲ませても、夜中になると薬の効き目が切れるのか、効果がありませんでした。』


 そして、先日、みゅーずBOXを聞かせながら寝かせたところ、昨日に書いたように、聞かせた初日から上のことがなくなったのです。


 『まぐれかな??』と御両親も信じられなかったのですが、翌日も夜中に起きることがないのです。そして、音楽を聞き出してから今日で4日目ですが、引き続き夜中の目覚めがありません。



 『今回の体験談は、自閉症などの子供をお持ちの親御さんに希望を与えると思います。ブログや新聞などで紹介させていただいていいですか?』と尋ねると、


 『私も、これから自分の体験談を周りに伝えていこうと思っています。』

 
 という心強いお言葉をいただきました。


 今回の事例は非常に大きな意味があります。


 聴覚トレーニングの可能性がますます広がっています。

http://www.bl-oosaka.org/聴覚トレ-ニング/









posted by 変才冨田 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 傳田聴覚トレについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック