玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2015年04月19日

傳田式音楽 体験記 90 思いつめからの脱却

 以下の記事は全スタッフである富永氏の事例研究です。
彼は傳田聴覚トレの担当として活躍しました。
最初のトイック受験が965点 聴覚トレを一か月してから990点で満点でした。

これから彼の研究成果を順々に掲載します。

会社員の方が最近、みゅーずBOXをご自宅でレンタルで使用されていました。




 総計で20日間聞き続けたのですが、その間に精神的な変化が最も多かったようです。




 加齢の影響でしょうか仕事でミスをすることも多く、同僚の若い人の方がパソコンなど良く知っていたりするので色々とストレスが溜まっておられたようです。




 音楽を体験した後、『以前ほど思いつめることが無くなりました』とのことでした。




 別の若い女性も長い間『リスニングDr』を聞き続けていました。同じように、色々な悩みが解消され『以前ほど思いつめることがなくなった』そうです。特に『土の精』の音楽が心地良かったみたいです。



 視力の向上を期待していた男性は、『夜がよく眠れます』とのことです。



 精神的な改善効果は常に寄せられていますが、身体的な変化を感じるのは私の予想ですが、夏よりも冬の方がよく感じられると思います。というのも全身の血行がよくなり、手足の先からポカポカしてきますので冷える夜に非常に気持ちが良いのです。


 
 音楽の体験記はこれで90ですが、実際はもっと多いです。特に書く価値のあるものをまとめて書いていますので。この1年間で非常に多くのことを学ばせていただきました。


 この1年間の全ての人・もの・ことに感謝です。

私からのコメント

「思いつめ」という心理状態は脳のエネルギー不足、不活性から生じているように思えます。
傳田聴覚は脳の回転スピードを上げて、7つまらないことから目を違う視点に引き上げるようです。
posted by 変才冨田 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 傳田聴覚トレについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック