玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2015年01月12日

表現の自由と民主主義は矛盾するか

フランスでのテロはショックでした。

世界は新しい事態に突入しそうで不安感が募ります。

突然隣人がテロリストになるような不安があります。

利益を相反する国家同士が戦争という究極の解決策に奔る。

これが戦争の普遍的ともいえる形態でしたが、別な戦争状態があるということを知りました。

さて、このたびの事件のきっかけになったのは、イスラム世界では聖なる予言者と崇拝されるムハンマドを揶揄、風刺したことにあります。

それに対して対抗する手段としてテロなどはあってはならないことですが、

問題としたいのは、相手の価値観を認めない表現は無制限で許されるのか、ということです。

行動も表現の一形態と理解すれば、テロも許されることになってしまいます。

表現というテロ行為もあるわけです。

これはネット社会においてよくありますが

当人が望まない写真をネット上で公開されてしまい自殺に至ったり、将来にわたって悪しき影響を与え続けたりします。これも表現の自由で許されるわけではないですね。

では全て個人を風刺するような表現を許してはいけないのかというと、これも問題です。

秘密保護法は政治家個人の秘密を暴露すると罰されるようなことが危惧されます。

政治家の秘密のなかには国民の生命と財産を危険にさらすような事案があるとき

これを知ったメディアは個人のプライバシーの侵害になるとして報道しないようなことがあっては

それこそ民主主義の危機です。

要はムハンマドを信じ崇めるイスラム圏の人たちの存在で、フランスの雑誌社はなにか侵害されたのかということです。
なにもなかったはずです。

個人の「好き嫌い、信じること、信じないこと」に対してそれを批判したり揶揄してはいけないのです。

まして「それは禁止する」あるいは「自分の信じることを他に強制する」ことは相手の心へのテロ行為だと思うのです。

好きなタレントのことをミソクソに言われると誰だって不快に感じるでしょう。

タレントの不祥事に関係のない人たちがネット上で批判してブログ炎上ということもあります。

誰かがなにかを好きというだけでなんの不利益もうけない人たちが批判、嘲笑したりすることは無意味です。

民主主義はこうした無意味も許容するのか?

つまり、そうしたことはその個人の民主主義に対する成熟度に関係するのです。

表現の自由に対する理解度はその人の民主主義の染みつき方に決定されるのです。

「君が代」を卒業式において唄わせたい人たちはこの民度において未熟なのです。
「愛国心」を生徒に強制することは個人の心の中身の好き嫌いの問題ですから立ち入ってはいけないのです。

父母を敬いなさい、などという道徳も教えてはいけない。

自分の信じることを他者に強制することは心に対するテロ行為になっているということを理解できるかどうかは民主主義の熟成度を試されているということなのです。

政教分離は人類の到達した見解です。

個人の信仰心に対して政治は関与してはならない。

逆も言えます。

自分の信仰を拡大するために政治を利用してはいけないのです。

要は、個人の心の問題に関与してはいけない。そういうことです。

思うのも思わないのも自由であって、思いを罰してはいけないのです。

けれど、その思いが表現という行為になるとき注意が必要です。

他者の心を侵害してはならない。

あくまで他者の行為が自分自身や家族、友人知人のいのちや財産を危険にさらすと思われるときにのみ
批判するという「表現の自由」が許されるのです。

その他は「寛容」する心の広さと深さという度量が民度の熟成ということなのだと思います。

じゃあ、冨田さんが「肉食を批判するのは肉が好きと言う人たちへの心の侵害をやっていませんか?」

という問題になります。

みなさんはどう考えますか?









posted by 変才冨田 at 17:42| Comment(1) | TrackBack(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何を食べるか、食べないか、食の問題は、狭い意味(個人の健康)でも広い意味(地球の食料の危機の問題)でも、命に直結する、または繋がっていると思います。

すでに地球の裏表ではアンバランスが起こっていますよね。
議論の余地ありですよね。
表現の自由、もっと大きな声で言ってもいいと思います!!
拡声器プレゼントします。

ずっとコメントしたくて、やっと今日できました。
いつもありがとうございます。




Posted by KF at 2015年01月16日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック