玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2014年09月08日

タカダイオン驚愕の実力パート4 腹筋トレーニングで実感

変才改め、筋トレギタリストです。

パクリはイカンと思いました(笑)

トレーニング中にタカダイオンを使用するとどーなる?

興味しんしんでした、っで今日、腹筋のみのトレーニングを
自宅で実行しました。

トレーニング方法は仰向けに寝て
足を上げて、膝を肘に付けるものです。

A・シュワルツェネッガーが好きな方法だそうです(笑)
回数は、23回、11回、16回、16回、○33回、
25回、○36回、26回、○30回、19回、○29回、
24回、○27回、15回、○23回、16回、○19回、
15回、○21回、13回、○18回、15回、○19回、
○17回、○14回、以上で合計520回です。

毎回、肘につかなくなる限界まで挑み、途中休憩は2分間で、
休憩中はタカダイオンを使用。

上記回数の前に○が付いた回が、タカダイオン装着での腹筋です。

興味深いのは、使用するしないでパフォーマンスが劇的に変化してることです。

実感レベルでいいますと、タカダイオンを装着して腹筋すると、
足が「ふっと」軽く浮く感じなのです。そこで、変才先生に質問です。

なぜ、タカダイオンを利用してトレーニングするとパフォーマンスが向上するのですか?
よろしくお願いします。

一日に520回も腹筋したのは人生で初(笑)
合計時間は1時間20分。次は600回いけるかな(笑)

回答
タカダイオンを装着する前に筋反射テストをしてから、装着してテストしてください。

明らかに力が入ります。

石のパワーなどでもそういうことがありますが、共通項は電子が皮膚から入るとすっと力が入るということです。

電子は身体のエネルギー系に作用を起こすと思われます。

posted by 変才冨田 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 陰イオン療法と酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック