玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2014年08月22日

質問 逆子対策

先生こんにちは!
いつも様々なアドバイスをありがとうございます!

今回も聞きたいことがあり、お返事をいただけたら、幸いです。よろしくお願いしますm(__)m おかげさまで、妊娠8カ月に入りました。

赤ちゃんは順調ですが、最近の検査で子宮筋腫らしきものがあることがわかりました。詳細な検査は出産後と言われました。

そして、もう1つ、検査の度に赤ちゃんが逆子で、いよいよ大きくなり、赤ちゃんの位置が固定されてきました。

吉村産科医院さんなら、逆子なんて対して問題にはしないとは思いますが、現実に行くことは難しいです。

子宮筋腫と逆子の原因、そして、私にもできる改善方法があれば、先生のわかる範囲でアドバイスをいただけたら、幸いです。

よろしくお願いしますm(__)m ところで、人間の体って色々ありますね。不妊治療に始まり、子宮内膜症、妊娠、子宮筋腫、逆子…色々体験させていただきました〜

回答
過去記事です正直ものこそ救われる

以下はある娘さんのお母さんからのメールです。

本人たちは冨田大先生のおっしゃることは間違いないと思っているみたいです。あの二人、一応大学も出て社会人もやってきたはずなのですが・・・。
我が子ながらアホですね・・・。痛いです・・・。

逆子の件、おかげさまで逆子治ったそうです。
信じるものは救われる、よかったですわ。
冨田大先生によろしく。

逆子の治し方を訊かれました。
大先生のお答え

「あのね、お腹の下からヒソヒソと歌ってあげるのよ。
お腹の下をコンコンと少し叩いてもいいよ。
そしたらね
子どもは好奇心が豊富だからね
なに言ってるのかと、耳を近づけて聴こうとするからね。
だから治るよ」

これをすぐに実行したわけなのね・・・。
う〜ん、正直ものこそが救われる!
聖書にもあるような。
賢いものは天国の門は狭い、違ったか・・・。
アホ、ちがった正直ものはそのままで天国なのだ!


疑って生きる人と信じて生きる人は
結果的には人生の質に違いができそうですね。
疑う人は賢く見え、信じる人や正直者はアホに見えます。
本当は疑うものこそがオオバカなのです。
つまり賢く見える人即オオバカということですね。

マア、すぐできることをする。今できることをしたから良かったわけです。



posted by 変才冨田 at 12:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康問題質問箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生、さっそく、ありがとうございます!信じるものは救われる、まずはやってみます☆
Posted by 金内美智留 at 2014年08月22日 18:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック