玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2014年08月20日

ツンツン・セラピーの質問

ツンツンセラピーで坐骨神経痛はどの辺りを刺激すればよいでしょうか?

回答

頸椎をツンツンすりょうに腰椎の間をします。

さらに腰椎の縦筋にそってします。頸椎の仕方と同じです。

で、指圧して響くところを探し、「そこ、そこ」という場所を相手が教えてくれますから

その場所を指でへこませてツンツンします。

その周辺もやってください。

さらに、脚です。

膝の裏にもツンツンします。

他に脚を指圧して「そこそこ」という場所があればツンツンです。

立ち上がらせれば「めちゃくちゃラクーです」って喜ばれるはずです。
posted by 変才冨田 at 19:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 健康問題質問箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カーク船長、こんにちは。

初めての7号食、無事終了しました。
色々ご助言ありがとうございました。

10代の頃からの偏頭痛や
始める1ヶ月前からの貧血、
が、始めるきっかけでした。

身体に振り回される事なく過ごすことができましたし、
貧血と婦人科の再検査も、1年後の経過観察で済みました。

何より、夏バテがなく、
歩き方立ち方を学んだおかげで、
これまで以上に歩く事が楽しくなった事が、嬉しいです。
気候に負けそうで悩みましたが、
夏に挑戦して、本当に良かったです、

また、精神面では
始める前に予想していた決断には至らず、新しい選択肢へ目が向きました。これには目からウロコでした。

8日目から、玄米味が辛く感じ、
回復11日目の感動はまだ薄く、
固形物入る14日目に漸く食べ物に感動しました。

玄米を上手く炊けたら、もっと感じる部分もあっただろうと思ったので、再挑戦に向け、料理修業中です。

食の大切さを実感しました。ありがとうございました。
Posted by たねいねりえこ at 2014年08月20日 23:05
お世話になります。

ツンツンセラピーは内臓にはききませんか?
(根本治療ではないとの事ですので無理でしょうか?)

もう1点玄米についての質問です。
玄米を食べ続けるとフィチン酸のキレート作用でミネラルまで排泄されてしまうとは本当でしょうか?
浸水させれば大丈夫という説も見たのですが、
浸水時間は人によって説がバラバラです。
何時間位浸水すればいいでしょうか?

またお医者さんが書いた本で、
玄米は炊き方を間違うと体に悪影響を及ぼすとあり、
圧力鍋で炊くとアクリルアミドという発ガン性物質が出てしまうので、
土鍋か炊飯器で炊くようにとありました。

玄米は何年も食べる物ではないので、
体調が改善したら分づき米や白米にした方がいい等、
色々説があってどれを信じたらいいのかわかりません…。

私自身は玄米が美味しくて大好きなのでもう白米には戻れませんが、
食べ続けると害があるものなのでしょうか?

逆に家族は玄米を嫌がります。
胚芽米や分づき米でも体質改善やは排毒の効果はありますか?

よろしくお願いします。


Posted by at 2014年08月21日 03:54
先生!
つまようじで自分でツンツンして、老人の曲がりかけてきた腰を、伸ばせる場所はありますか?以前ブログで、90度に曲がってたおばあさんの腰が伸びたという記事を拝見しました。今月父親が牛の品評会に牛を引いて出る予定なのですが(肺がんで痩せてきてるので、足腰のふらつきはありましたが、甘酒と輪っかと八方美人シートと玄米食で力と気力を取り戻してきてます!!)、 腰が曲がってるのが恥ずかしいと、ボソッと言っていたので、出来ることなら、背筋を伸ばして品評会にでれたら、またまた気力が倍増して、免疫力も上がるのではと期待したりしてます。
Posted by 上田尚美 at 2014年09月06日 18:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック