玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2014年02月01日

問題児の夫をどう扱うか

質問

マクロビワンから始まって、人もあすなろ米を美味しく頂いてます。 ひじきは割と食べるんですが、今日は風化カルシウム(主に犬用)を添加してみました。 無味無臭ですが、カルシウムの粉が口内に張り付いてしまいお米がとても美味しくない結果に... どの風化カルシウムでもこんな物なんでしょうか?

炊飯時に入れておくのですよ。

風化カルシウムは非イオンなので水には溶けませんからねー。


あと、エゴギョウですが、詳しく教えて欲しい場合はここで良いでしょうか? 木17、火12、土19、金13、水9 でした。 常に両極端な意見が自分の中にありますが、わりとどっちでも良いと思う事も多いです。 でも曲げられない事は曲げる事はまず無いです。 取りあえず感情面は冷静で淡々としてるので(していたいので?かもしれません) 冷たい人間だと思いますが、生き物は好きです。

中略
旦那がお金に執着するのは納得してるし、 今は好きにしてるんで、だいぶ精神的に余裕は出てきましたが、掛け事ゴルフ、ギター、釣りと趣味も以前からずっとやってます。 でも仕事がしんどい面白くないなど話す時は激情しだします。

DVも長く続いたんですが、今は無いです。 意見を言うと文句と言ってました。今はたまにです。 何か都合の悪い事を聞くと必ずまず嘘を言います。 結婚してしまったんで理解してどうすれば幸せを感じてくれるのか考えて来ましたが 子供も寄ってくれば満足でも、そこからの展開はありませんでした。

大きくなった今では、また金が足りんなったらワシに言うてくるんやないんか。。。とものすごく辛そうな顔をします。 でも出さない訳では無いんです。 お金がすべてと思ってるのか、無いと恐怖を感じるのか...

何が幸せだと思いますか? 子供でも無さげだったんで、フォローも余計なお世話だったのか〜と脱力して休憩中です。 一昨年義父を看たんですが、ああはなりたくないと言ってたのにそっくりです。

死を目前にしても気になったのはお金の行方でした。しかも「隣の嫁が遺産分けでおお揉めした」(笑) これ親族何人も言われましたが、誰も家やお金が無いと看てもらえないって思ってるんでしょうか?

旦那含め、なぜ悪い事は全部私のせいになるんでしょう??? 葬式の後、離婚した義母がひょっこり現れて会う事になりましたが、この人も似てます。 先が思いやられる...まぁうちの親を看るのは面倒と言ったら別れるんで問題無いですが。 私はまずは旦那にどう接したら良いんでしょうか? 長い、ほんとに長いです。済みませんが、浮かんだ事だけでも良いんでお願いします。

回答
問題児の夫を持った場合は

先ず、夫をペットだと思うことです。

それも非常に珍しいペットで、毎月お金を咥えて帰ってくるのです。

そんなペットなら誰でもが欲しがるでしょう。

そんな稀有なペットをあなたは飼っているのです。

よかったですねー^^


さて、あなたのエゴギョウ特徴は木・土が高いということです。

その特徴はこの文章によく表れています。

木性が高い人のなかに、かなりの確率でその「ストレスな環境から離れるために」木性を高めるということがあります。

それは、<取りあえず感情面は冷静で淡々としてるので(していたいので?かもしれません) >

という文章に垣間見れます。

おそらく冷静に淡々として、その場から離れるのでしょう。

傷つけられる自己をその間だけ置物のようにしているのです。

防衛的な木性になっているわけです。


火性は12点ですが、これはあなたが思っている以上に高いようです。

防衛的木性が火性に抑圧をかけているだけでしょう。

木性があなたの内部の少女を認めてあげればいいだけです。

傷つけられたという感情を無かったことにするのではなく認めてあげるのです。

もっとメソメソしていいのです。


あなたの夫は、もっと子供です。

子供がお小遣いを必死に守っているっていう感じですね。

ケチなのではなく、そういう人を大阪ではシブチンといいます。

お金のDNAというのは強固です。

お金に対する態度は子供の頃に、親のお金に対する態度で学びます。

ですから、治りません^^;

以前のコメントからの回答を思い出しました。

最期の数行を参考にしてください。


エゴギョウ中級講座 ストレスは自分でつくっている。

昨日は終了後の質問にもお答えいただきありがとうございました。
170問の質問での不安、思い込みの数値の高さ、理想主義がとても低い理由が、昨日お渡しするために自分の今までを振り返りってみて、わかったような気がします。

不安の原因は両親に捨てられたという思いが強い為だと思います。
理想主義が低いのは5歳の時の自分が大人に成りきれていないからかもしれません。

こんな私が足りない部分を補うには
どんな事をすると良いでしょうか?
ヨロシクお願いします。

終了

こんにちは

小さな子を連れている夫婦みて、僕はいつも思うのです。

見かけですが、いかにも未熟な夫婦をを見て「子育て、大丈夫かな」と。

けれど、未熟な若い人が子育てをするような仕組みになっているわけです。

未熟ですからたくさんの失敗をするはずですが、その失敗も織り込み済みなのでしょう。

完全なる子育ての成功をするとみんな同じような人になるのかもしれず

それでは多様性というものをつくることができません。

「アンナカレーニナ」でトルストイは「幸せな顔は一つだが、不幸な顔はいくつもある」

たしかそのような記述があったように思います。

不幸はそれぞれ個性的だということでしょうか。

子育ての失敗は個性をつくります。

ですから、あなたの厭な記憶の一つ一つが今のあなたには欠かせないものだったのです。

どれが欠けても今のあなたにはなりえないでしょう。

違う人になっているのです。

その違う人になりたかったという思いは

今のあなたへの自己否定になるわけです。

今のあなたを創造するには5歳のときの離婚が必要だったし、養父母とのアレコレや

脱出するための決断も今のあなたの創造に必要だったのです。

幼い時の傷、それを癒そうとするあなた、それそのものがあなたの全存在なのですよね。

トラウマというもの。

これさえなかったら良かったのにと思う人は大勢いて、それは自己否定です。

トラウマも含めて、あのときああいう体験をしたから良かった。だから今の自分がある。

そう思えた時、乗り越えたといえるのですよね。

そう思えることができるような生き方をすればいいのです。

現在の夫やその義理の息子の一挙手に影響されてストレスを溜めるのは

あなたが彼らにコントロールされているからです。

それは精神的な依存状態だといえます。

そういうことにかまってはいられないくらいの

活き方をすれば気にもならなくなるのです。

それがセミナーで語っていた「自己本位の活き方の勧め」なのです。






posted by 変才冨田 at 02:31| Comment(2) | TrackBack(0) | エゴギョウ中級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速ありがとうございます。

火性がもっと高いはず、と言う事ですよね?
書きませんでしたが、なんか低いなと自分でも思いました。

確かに!ストレスから離れると言えばそうだと思います。何故そんな事を言うんだろう、じゃあどうすればいいんだろう。と自分の感情はさて置き客観視になってます。
怒るタイミングも泣くタイミングも無くしてます。
これは結婚してからではなく小さい頃からです。
激情型が母、妹と家族の半分占めてたからかも
なのでメソメソするのもかなり難しいんです。

その記事読みました、当てはまるな...依存なんだ...と少し苦しくなりましたが
聞いてみるきっかけにもなったコメントです(笑)

活き方となると難しそうですが、遠くの目標を見る事でしょうか?そこに行くまでのアレコレはすべて養分にしようって事?
自分本位から私には難しいのかな(^^;
犬と両親を看送る事が最大の目標です。これが出来たら本当に幸せな一生だったと言う事が出来ると思います。

人の言葉も話すしかなり珍しいペットですね、でもちょっと愚痴は控えてほしいですが。
はぁ。。。お金DNAは不動なんですね、、、そう解れば呪文でも言ってるくらいに思うしかないですね。

本当にありがとうございました。
こんな旦那と別れないのも病気と言われた事がありますが納得です。依存してるから別れられなかったんですね。


Posted by 犬族さん at 2014年02月01日 13:18
気が付いたんですが、メソメソでは無いです。
悲しいを通り越してすでに怒りになってます。
ものすごいパワーの怒りです。怒り憎しみのパワーは1番強いですよね。
私の大切な物、私の育ってきた幸せな環境、私が作りたかった幸せな家庭、夫婦、親子関係。私自身の存在。趣味まで
すべて否定して壊そうとされた総集された怒りです。
家庭の体制を壊したくない。だから客観視するしか無かったのかもしれません。
話したところで、もっと否定されるから。そこには暴力もあったし。家庭どころでは無くなるから。
客観視しなければ、生きるのも嫌になるくらいの怒りです。実際死にたい時期もありました。
どおりで、なんでも頑張れたはずです。怒りのパワーが根底にあった。
全力で何かすると解放されるし何も考えなくて良いし充実もします。
だから楽しかったんですね。心底では無いかもですが。
ここは割と良い方に作用してたとも思います(笑)

旦那や義父が私を壊そうとしたのは、贅沢して幸せそうな奴を苦しめたかったから?
言わないと自分がいたたまれないから?
それも納得できるくらい2人とも不幸と思える境遇です。
でもそれをどうにも出来ないのは、自分の生きてきた事を無駄に思いたくないから?不幸と認めたくないから?
不幸話しは良くしてたんで救って欲しかったんでしょうかね。
こんだけ壊しといて(笑)

私にとって今死ぬ事が怖いのは犬や親を看れないからで、自分自身そう怖く無かったのは、死が救いでもあったからなのかな。

かなりすっきりしてます(笑)
次は自己かな(笑)依存していたと言う事は自己が無い状態ですよね。
随分長かったんで今更探せるかどうか。

まだ客観視ですが、さっきの感情は危なかったんで解放できません。でもすっきりしてる(笑)
もー二重人格ですね(笑)
勝手に解釈してあーだこーだ言ってます。
手を掛けてすみません。


Posted by 犬族さん at 2014年02月01日 16:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック