玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2013年09月15日

7号食後にリバウンドする人の特徴 肥満の背景

肥満の人は自己管理ができていないだろう、ということで

アメリカでは肥満者は採用に不利になっている。

身体の管理ができていなければ、すべてにできないだろうと解釈されているのでしょう。


さて、「食べる」ことは時間を使います。

「食べる時間」を管理することはリバウンドを結果的には防ぐことになります。


食べる中身に注視することも必要ですが

その周辺を整備することはもっと効果があるでしょう。

なぜなら、そのことは意識のコントロールに結びつくからです。

肥満になる根本的な理由は「肥満するための考え方」にあるからです。

肥満する考え方と食べる時間は直接につながっています。

毎月食事にどれだけの時間を消費しているかということに無頓着であればリバウンドを起こすでしょう。

自分の時間管理を「食」を軸にしてコントロールすることで、他の適正な管理にも及ぶかもしれません。

要は、なにごとにも軸をつくって、そこを起点に広げてゆくことです。

※ 食べる時間と肥満は必ずしも比例していないでしょう。
かえって、短時間での早食い者は肥満もします。
ゆっくりと時間をかけて食することの方が有効的です。

注意してチェックすべきは外食の時間です。

posted by 変才冨田 at 20:11| Comment(1) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。現在2度目の7号食中です。
前回同様、順調にデトックス中です。
前回とはまた違った感覚が沢山あり、なんだか楽しいです♪

顔痩せについて質問です。
7号食で体重の減少はもちろんあります。今回も順調に減っています^^
体重以外にも私は顔が痩せるのが早いようで、3日目あたりから家族にも顔が違う、あごがある!!笑。など指摘されました。
ふだんは体重が増えたわけでもないのに二重あごになったり、顔の筋肉を鍛えるべく顔面体操などやってもなかなか効果がでません。。。体重が増えているわけでもないのに顔が丸くなる。
7号食中は、体重は1kg減ったか減っていないかで、顔がシャープになる。もちろん1kgとはいえ痩せたからというのもあるのでしょうが(^_^;)

これはいったいどういうことなのでしょうか。
そもそも顔が痩せるということは、なんなんでしょうか。むくみですか?顔の筋肉の問題でしょうか?

宜しくお願いしますm(__)m
Posted by at 2014年01月24日 09:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック