玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2013年09月06日

そーきそばはそばか? 日本人は四割蕎麦か?

地元に愛されるそーきそば屋さんに行きました。

出しがよく効いていておいしかったです。

これは小麦100%なので「そば」というよりもラーメンの範疇になるでしょう。

本土から「蕎麦でないのにそばというのはいけない」と言われ、本土横暴だと反対運動があり「そば」の名称を残せたそうです。

本土にも蕎麦がないのに「やきそば」があります。これがだめならなんといえばいいのか?

焼きラーメン?

けれど蕎麦と売っていながら小麦がたくさん入っているものもあるのです。

その結果、十割蕎麦などという名称までできています。本物だと言っているわけです。

他は偽物っていうことですね。

天然型ビタミンCというサプリも販売されていますが、少しだけでも天然Cが入っておれば天然型と謳えます。

碁石の世界にも同様なことがあります。

白石ははまぐりでつくっているのですが、日向産がブランドです。

メキシコから輸入したはまぐりでも、日向で加工されれば日向特産になってしまっています。

備長炭も同じです。

中国製でも紀州備長炭と印刷された箱に入れられたら紀州備長炭でした。

これじゃあやっぱり具合悪いかな?と炭焼き組合で論議されたとか・・・。

それにしても炭焼き小屋に炭を売りに行った人がいるのですね。

感心します。

焼く手間はないし、安く買って箱にさえ入れなおせばいいのですから

これは人間の怠惰な心につけいった商売ですね。

牛肉も同じです。

アメリカから子牛を輸入して日本で育てれば国産和牛です。

しかもアメリカの飼料で育てていますから、なんで国産なの?

そういう意味ではわたしたちは本当に日本人なのか。

外国の食べ物が60%ですから、日本人率40%の状態です。


これ、ボケ話のカテゴリーに入れておきます。

頭が変になってきました・・・。


posted by 変才冨田 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼけ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック