玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2013年08月28日

続7号食質問 カフェイン問題

ありがとうございました。 安心して、藻塩も使えます。

他の部分も分かりやすかったです。 準備が整ったので、7号食してみようと思います。

ところで、カフェイン抜きということでしたが、お勧めされた棒茶は、 焙じていることと、茎の部分が使われていることで、 カフェインレスに近い状態になっているのでしょうか?

麦茶や蕎麦茶などは、カフェインレスでも玄米とは違う穀類なのでよくないのでしょうか?

…すみません、一度に質問したら良かったのですが、今回いただいたお返事で、 ふと気になってしまいましたので。 (ただ、本当に些細な質問なので、お返事はご無理なさらないで下さい) 本当に、参考になるお返事、ありがとうございました。

終了

ご参考になってよかったです。

棒茶はおっしゃるとおりです。安心してどうぞ。
そば茶は避けましょう。そば茶はたんぱく質が多いので。

最近はgenmai cafeもありますのでこれもお勧めです。

お友達を喫茶店に入ったとき
ウイエトレス「なににしますか?」
あなた「そうですね、コーヒーをお願いします。コーヒー抜きでお願いします」
ウイエトレス「???」
あなた「ミルクも砂糖もコーヒー抜きでいいです」
ウエイトレス「湯だけになりますよ」
あなた「それでいいです、すべて抜いた究極のコーヒーです。もちろんコーヒーをいただくのですからお金はちゃんと払います」

湯だけのコーヒーを前にして
genmai cafeのティーパックを入れて10回振る、蒸らしに1分待つ、最後に4,5回振っておいしくなっています。
posted by 変才冨田 at 22:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございました。
安心して取り組めます。
しばしの間、7号食を楽しみながら、自分の体と心に向き合ってみたいと思います。
Posted by ともひろ at 2013年08月30日 08:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック