玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2013年08月22日

1年中7号食をやって良いか?

質問です。 7号食をする際、健康な方で16日間実施し、その後、継続して7号食を実施することは、良いでしょうか? ずっと7号食を継続し続けることは、良いのでしょうか? 教えてください。

お勧めしません。

6号食なら数ヵ月やっても良いでしょう。

現実には6号食を長期間やってすこぶる良いという方がいらっしゃいます。

お勧めは5号食から4号食です。

副食一つに小鉢一つですね。

お味噌汁も付きます。

小鉢は定番でひじきやちりめんじゃこを交代で

後は食べたいおかずをどうぞ。

豆とごはんと海藻類の組み合わせがベストです。

posted by 変才冨田 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック