玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2012年11月07日

酸素カプセルの効用16

酸素カプセルの効用については左カテゴリーの「酸素カプセル」の10に詳しく書いてあります。

何度も強調していますがほとんどの疾患は血行障害にあります。

血行障害のなにがよくないのかというと、血行障害の先にある臓器の細胞が酸欠を起こすからです。

酸欠は細胞の代謝異常を招くのです。

細胞内のミトコンドリアは酸素と糖を使って生きるためのエネルギーを作り出します。

自律神経全体のパワーの源はミトコンドリアで作り出されるエネルギーなのですから

自律神経の失調はエネルギー不足が根底にある場合が多いのです。

とりわけ副交感神経のパワーこそが自律神経全体のパワーの保障をしています。

福交感神経を優勢にすることで底力が生まれます。

酸素カプセルのなかに入ると福交感神経にスイッチが動き、呼吸がゆったりします。

吐く息が強くなることで吸う呼吸でたくさんの酸素を取り込めます。

眠れないという方が酸素カプセルに入ると、その夜は熟睡できるようになるのです。

うつ病などのエネルギー不足は眠れないようになります。

熟睡するにもエネルギーがい必要なのです。

心が疲れたという減衰気味の方は酸素カプセルをお勧めします。

現在「米クラブ会員」の方は酸素カプセルの特別割引特典も用意しています。
posted by 変才冨田 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素カプセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック