玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2012年08月16日

高血圧と食、そして豚と人は同じ

薬を服用しなければ150くらいの高血圧なのに、今薬をやめて6日目なのに120くらいに下がっています。
という60歳の女性です。現在基本食中です。

おかずの食べ過ぎ、おやつの食べ過ぎだっただけなのですね。これが感想でした。

簡単な治し方をなぜ医師は医師は教えないのでしょうかね。

食は身体をつくる、心理もつくる。

これは当たり前なのですが、当たり前でない世の中はこういう考え方をおかしいとみます。

養豚業者は豚の健康や肉質を決めるのは食だとわかっています。

けれど自分の身体も同じだとは考えないのです。

豚へのものの見方が自分には適用できないのですね。

あるいは美味しいものへの欲求にあらがえないのでしょう。





posted by 変才冨田 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック