玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2012年07月30日

7号食の周辺 食べ過ぎになるわけ

7号食が終了してからリバウンドを起こす人がいます。

もともとそういう人は日常的にリバウンドを起こしていたわけです。

ストレスを食欲で紛らわすタイプですね。

その結果、食べたものが生理的ストレスに変化して、これが心理に影響して食欲へ変化し

グルグル回転するわけです。

ストレスをギャンブルで紛らわせるタイプもあります。

お金を消費することで、それが再度ストレスになり、その解消にギャンブルをする。

やはり回転運動ですね。

男女間のストレスをセックスで紛らわせるタイプもあります。

不仲になるとどういうわけかセックスで解消するという

仲がいいのか悪いのかわからないですね。

相手を違えるとこれは不倫という名称になります。

これを繰り返すと性中毒というわけですね。

前者は食中毒、後者はギャンブル中毒で、本質的には同じです。

こういう人はストレスの根っこをみつめる必要があり、それがリバウンド対策です。

そうそう買い物で紛らわせているというタイプもあります。

「私へのご褒美」とか言うのです。

ブランド中毒ですね。ブランド中毒になる人はみかけをよくしたいという欲求が強いので

化粧も派手になります。

話は本題からドンドン逸れてしまいますがもう少し・・・。

男性の目から見て「なんでそんなに化粧がド派手なのか」と疑問符いっぱいの女性がいます。

おそらく最初から派手ではなかったはずです。最初からド派手ではさすがに違和感があるはずです。

少しずつの進行的変化で本人にも自覚がないのでしょう。

気がついたら仮面をかぶっていたということなのでしょう。

一泊二日の旅行で宴会が終わってみんなお風呂に入り、部屋に戻ってきたら「知らないひとばかり・・・」と

部屋を飛び出したという女性がいます^^;


やっと本題

女性の場合は

暇になる→食べたくなる

したがって

忙しくする→食べなくなる

要するに「置き換え」をやるわけですね。

例えば夢中で読める本を読むのです。

食中毒を本中毒に置き換えれば成功です^^

posted by 変才冨田 at 21:50| Comment(4) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夢中になれるものを探すしかないのですね。

気が付けば、最近、夢中になる・・・こと自体ないですね。何かやると、他の事が気になり、そうこうしているとまたまた別の事がきになる・・・。一向に予定していたことが進まずイライラし失望する私です。

そして「ちゃんとしなきゃ」という言葉だけがくるくる頭をめぐり、全くちゃんと出来ない自分に毎日失望します。

全てにおいて「ちゃんとしなきゃ」と思い、全てにおいて「ちゃんと出来ない自分」がおり、またまた「ちゃんとしなきゃ」と思い、ますます「ちゃんと出来ない自分」になる、堂々巡りです(苦笑)

「ちゃんとしなきゃ」の呪縛がそもそもストレスの根源なのかも。
根っこは「やればできる」の呪縛と同じかもしれません。


たぶん私の本来の力量からすれば、頑張っているのだろうけれど、本当はもっとできるのでは・・・、いやできなきゃいけないのではないか・・・と思ってしまう。一体何と自分を比較しているのでしょう。
いつも自分は足りない人間だと思ってしまう。
一体いつになったら、どこまでいったら足りる人間になるのだろうか?

確かに世間一般の人と比較すれば、全てにおいて、やっぱり足りない(笑)

でも、足りない事はいけない事なのか?

ちゃんと出来ない自分は、ダメなのか?

私はいつから足りないとおもっていたのだろうか。どうしてそうおもってしまったのだろうか。
だれによって、そう刷り込まれてしまったのだろうか。やはり・・・親や兄弟、祖父母、近い人間関係によってなのか。

病気になって、一時期は足りない・・・と自分を思わずに楽になったはずなのに、気が付けば、堂々巡りの迷路の中にいます。

玄米菜食始めて以来のピンチです。こんなに食生活が乱れた事はないです。いつも、そんなことばかり言っていますが、今回が最大の山です。

食生活が乱れたことで、生理的にストレスになり、精神面にも影響がでているのでしょうか。

そもそも、食をコントロール出来ない自分にめちゃくちゃ自信を無くしてしまっています。

こんな時こその7号食・・・さえも、やる気になれません。

夜・・・の闇のせいかマイナスな事ばかり書いてしまいスミマセン!!

まずは身の回りの断捨離から始めて、頭をスッキリするしかない、分かっているのに毎日の暑さでついつい先送り・・・。
でも、ちょっとずつでもやってみます。
動けば変わる・・・ですよね。

一人カラオケも行きます。

もうそろそろ「ちゃんと・・・」の呪縛から解き放たれて、自分を責めずに自由になりたい、自分に満足して生きたいです。

なるべくプラス思考で・・・とは思いつつ、本当は、こんな風に弱くてマイナス思考な私、そんな弱い自分を心から愛せる私になりたいです。

ぐちぐちすみません。

呪縛を退けるヒント、いただけると嬉しいです。
(もちろん自分でも探します、一生かけて・・・(^^)v)
Posted by kimuchi at 2012年08月02日 23:06
七号食後またもや過食続きになっていますf^_^;)
夕食をどうしても食べすぎてしまい、朝昼は胃もたれであまり食べれず夜一食がっつりという感じ。
毎日なんとなく胃もたれ気味だけど、七号食前は毎食空腹を感じる間もなく時間がきたら食べていたので、不快に感じるようになっただけ前進でしょうか。
読書にハマったり友達とおしゃべりしたり楽しく過ごしていますが、元々料理も食べることも好きでせっかく食べるなら時間を気にせずゆったりできる夕食がメインになってしまいます。
相変わらず量はすごいけど食べる物も七号食前よりはヘルシーになってきたような
コンビニなどの大量生産のものを食べるとおいしくないのになぜか止まらなくなるので、過食しても仕方ないとあきらめて自炊するとコンビニ物よりは少なくても満足できるような。
胃もたれした状態で朝起きると顔も体もむくんでだるいけれど、七号食をやるとリバウンドが激しいので基本食で少しずつ改善していけるといいなと思います。

Posted by もも at 2012年08月18日 12:45
私も7号食後はリバウンドします(笑)
ま、毎回かな。

ただ、「いざという時の調整法としての7号食」をしっていて、本当にやろうと思った時には必ずやり遂げている自分を知っているので、それだけでも心強い感じはしています。


現在7号食4日目です。今回は精神的な危機を脱するためなので、たくさんの香りの誘惑、視界の誘惑にも負けずにやれています。(^^)v

リバウンドをする私だから、7号食を繰り返すことになるわけですが、やはり、7号食が目的になってはいけないと感じています。


その後の日常の食生活が一番大切なので、7号食繰り返してはリバウンド繰り返すかもしれないけれど、その中で、少しずつ少しずつ、日常の食事を基本食に近付けて、少しずつ少しずつ、リバウンドが軽くなっていけばいいな・・・と、今はそんな風に感じています。


7号食やればリバウンドする。それは当然と言えば当然。周囲にたくさんの食べものあふれる中、それを我慢しているのですから。

でも、やるまえより、体が色々な事を感知できるようになったのなら、それで、十分効果ありだと思います。その感覚を大切にしながら、体の声を聞きながら、日々の食事を調整しようと思えるようになった事が、一つの効果だと思います。

リバウンドと上手に付き合いながら、体の声を聞きつつ、食事を楽しめるとよいのですが・・・、それが中々難しい(苦笑)

私も、この7号食終わったら、たぶんまた、リバウンドします(笑い)。でも、少しずつ少しずつ日々の食事を改善できれば、体の声を聞けるようになればそれでよいかな・・・と今は思います。

日々を健康で楽しく生きる為の食事であり7号食だと思うので、あまりストイックにならないように・・・気を付けたいと思っています。


今回精神的に結構ピンチで、7号食をやることで、そんな自分を支えています。16日後を楽しみに、ちょっと自分に厳しく過してみます。




Posted by kimuchi at 2012年08月20日 07:59
七号食とリバウンドを繰り返しているうちにハタチの時の過去最高体重になってしまいました(~_~;)
食べ過ぎの原因は心が寂しいことだとわかっているのですがどうすることもできず…
生理もかさなり、一度気が済むまで好きなものを好きなだけ食べてみよう!ときめたら毎食お腹が空かないうちにたくさんたべてしまい、結局食を楽しめなくなりました。
やっぱり適度が一番おいしいですね。
体が重くてまた、七号食をやろうと思いましたがリバウンドするのが目に見えているので5号食あたりを目指してみようかと(/ _ ; )

周りの特に男性は食に振り回されずすっきりした体型でむくみもなくていいな〜と思ったり。

また新しい趣味ができそうなのだけど今度は食も忘れるほどハマれるといいなと思います(´・_・`)
Posted by もも at 2012年08月30日 20:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック