玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2012年02月25日

ダイエットの方法 置き換え法

ダイエットするときや終わった時になにを食べたいと思うか。

そこにダイエットの仕方、個人別の体質を考慮した方法論がありそうです。

甘いものが浮かんだ人は身体に負荷をかけない他の甘さに置き換えればいいわけですね。

ソフトドリンク→玄米甘酒

コーヒー→NUKA TEA、小豆コーヒー

肉→大豆やグルテンを使った肉もどき

パン→原麦パン、米粉パン、蒸しパン

今の彼→変才先生

こうやってよいものに置き換えがすすむとよいのです。


さて、問題は油です。

油好きはすごく多いです。

それが証拠にお昼の弁当や社食は揚げ物がないと不人気なのです。

お菓子も油を使用したものが多いですね。

油脂があることで「うまみ」をお手軽に感じさせられるのです。

ここ50年で油脂の年間摂取量がすさまじい勢いで増加したのです。

油脂をどう扱うかは健康問題やダイエット問題では軽視できない。

どころか最重要な課題ですね。



posted by 変才冨田 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック