玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2012年02月18日

酸素カプセルの効用11

以上のことは酸素欠乏症、つまり血行障害なのだといっているわけです。

血行不良や障害を起こした原因は三つあるでしょう。

1 いつも緊張している。
  これはあなたの性格に起因するものではなく考え方に原因があります。

2 食べすぎ、飲みすぎ。
  これらは酸欠体質をつくりだします。

3 歩かない。
  良い食べ物を選んでいくらさらさらな血液をつくっても、それを全身に勢いよく運べなければ完  結しません。
  歩くことで全身にイキのいい血流を起こすことができるのです。
  歩かない人は足裏貧乏症候群になります。
  
  足裏貧乏症候群とは足の裏の土踏まずなど三つの構造を失ったり欠けたりした状態です。
  
  どんな症状があるか列挙します。
  膝痛、腰痛、首痛、坐骨神経痛、脊椎菅狭窄、足裏の豆、魚の目、短時間アルクだけで疲れる
  足っているだけですぐに座りたくなる、杖が必用、足首のむくみ、便秘、冷え性・・・etc

  たくさんありますね。
  お金に困っている人にお金を与えれば悩みがなくなるように
  足裏貧乏状態の方にきちんと構造を与えると上記の症状はなくなります(但し歩いての話です)
  

4 1,2,3が複合して腸症候群をつくりだし、腸の不活性が生命活動の全てを低下させ
  代謝異常からさまざまな不具合を作り出します。

  腸症候群
  下痢、軟便、便秘→むくみ、冷え、アレルギー、腫れ物、できもの、皮膚のくすみ・・・

さて、面白いことにとりあえず酸素を与えると元気になります。

元気になりながら自力で生活習慣を改善する方向で酸素カプセルを利用すればよいでしょう。

posted by 変才冨田 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素カプセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック