玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2012年02月14日

太るということ2

自然界に属する身体は太りたいわけです。

それに抗するのは大変な精神力が必要です。

昔は「太る」ことに抵抗はありませんでした。

まあ、飢餓がよくある時代では太れないわけですね。

太りたくても太れない世界から

太ることができる世界になったわけです。

もっともこれは世界の中の一部の現象ですね。

多くの地域では飢餓の危険にさらされています。


昔から相撲が行われていましたが

おらが村の代表力士がやせっぽちでは村の恥だったので太らせて場所に送り出していたそうです。

奈良時代の美人画はぽっちゃりと太っていますね。

それが美であったわけです。


さて

食べたいと云うのは自然的な欲求です。

ところが現代はその自然的な欲求が意図的に操作されてしまい

あたりまえの食欲ではなくなっているのです。


食欲は意図的に刺激されているのです。

見た目に美しく美味しそうな食品が並べられ、CMではこれを食べなさいと指示しています。

それを売るために巨額の宣伝費がかけられています。

どうすれば食欲を操作できるのか研究されています。

基本的にあなたの食欲は洗脳された状況下にあると考えて正解です。

食欲だけではなさそうですね。

あらゆる欲望は刺激されてつくられているのです。

不必要なモノほど宣伝費にお金がかけられています。



そういう状況下での対策は一つしかないのです。

それは「空腹が気持ちいい」という感覚をしっかりと体験することなのです。

部屋になにもない状態が気持ちいいと体験することなのです。


それから

「太ること、スリムになる」ことから意識を離すことなのです。

あたりまえの食生活や生活習慣を取り戻すことを考えておけばよいのです。



この当たり前が難しいかもしれませんね。

言いかえればライフスタイルを変えること、そのライフスタイルを作り出した考え方を変えることなのです。
posted by 変才冨田 at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気持がいい・・・・・と、体感すること、実感することが、生活習慣を変える原動力になるのですね。

7号食を繰り返し、失敗と成功を繰り返して実感するのは、空腹が気持良いということ、小食が気持良いということ。お腹一杯は動きも鈍くなり、気持ちも良くないという事。
そこまで実感しているのに中々生活習慣は変える事ができずにいます。
普段の生活では、周りに流され、気持ちの浮き沈みに流され、習慣的に食べ過ぎを繰り返してしまってます。

しかしながら・・・・・
最近掃除の仕事を始め、昨日が5回目の仕事でした。初めは緊張とストレスで、帰宅すると落ち着きたくて、食べる事で解消してましたが、昨日はなれた事と、会社の人に伝えたい事を伝える事が出来た充実感で、食べることに逃げなくても良い感じでした。ただ、習慣で結局食べ過ぎてしまいましたが・・・(苦笑)


でも、気持ちが充実していれば、食べなくても平気と言う感覚が戻った感じがしたので、後は、癖としての食習慣を改善することで解決できそうな気がします。


それにしても・・・
体は太りたい、その言葉に救われます。
そうだったのか・・・と。(^^)


太ろうとする体の欲求に耐えるのは、非常に難しいことで、かなりの精神力が必要・・・・・そう思うと、食べ過ぎてしまう自分を責める必要が無く、非常に気が楽になります。食べ過ぎてしまう罪悪感から解放されます(笑)

(コメントを書きながら、いつも自分を責めていたことに気が付き、ハッとしました)


あれこれ実験して、気持の良い事をいっぱい体感して、よけいな習慣を少しずつ削って、本来の、自分の体に合った生活習慣体をとり戻したいです(^^)v。



Posted by kimuchi at 2012年02月15日 08:47
確かに何かに打ち込んでいるときは気づくとあまり食欲がないというか、食や体型に対する執着がへって自然にやせます。

打ち込める何かを見つけることが解決方法になるということでしょうか<img src="http://blog.seesaa.jp/images_e/e/EF5B.gif" alt="?" width="15" height="15" border="0" /><img src="http://blog.seesaa.jp/images_e/e/EF5B.gif" alt="?" width="15" height="15" border="0" />
Posted by きらら at 2012年02月15日 21:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック