玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2012年02月01日

酸素の効用5

7 神経麻痺 顔面神経麻痺状態になった男女それぞれ2名が完治しています。
 ある若い女性です。
 見ると左目と左側の唇が下を向いています。頬もたるんだ状態です。
 病院へ行って薬をもらっていますがひどくなる一方なんです・・・」

よくそんな顔で電車に乗ってこれたものだと思いつつ、顔面神経麻痺が顔の局部的な血行不良であるのかを確かめるために酸素カプセルに入っ てもらうことにしました。

使用後の顔を見ると最初より幾分か顔が締まって見えました。

私「指で顔をさすってみてください」
彼女「ああ、なんか自分の肌に触れているという感じがします」

私「やっぱり血行不良で神経に酸素がいかなかったせいですね。カプセルを続けましょう」
それから6回くらいで完治されました。

男性
彼も同じようにひどい人相で研究所に来られました。

原因は列車の窓を開けたまま向かい風を顔に受けていたそうです。
寒冷で動脈を収縮させたまま長時間過ごした結果、顔面神経の酸欠でした。
やはり10回程度で完治でした。

耳鳴り
ジージー、ガサガサという耳鳴りは血行が回復しているときの音です。ふだんから血行が良ければこうしたことはないのですが、一時的に回復するときの音です。

キーンという音は体液の移動が悪くて圧力差があるときの音です。過去にメニエールになったことがあるという人が多いようです。

前者は早く改善しますが、後者は時間がかかる場合もありました。
おそらく毎日入ればもっと早く回復するはずです。

 頸椎症候群 これにはさまざまな不定愁訴があります。根本的には首の位置を正常にすることなのですが、その辛さを酸素カプセルで軽減することができます。
 また、首の周辺筋肉が柔らかくなりますので、他の治療と併用するとより治り易くなるでしょう。
 鞭ウチで腕や手がしびれるという女性ですがやはり10数回で気にならない程度に回復されています。
posted by 変才冨田 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素カプセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック