玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2011年10月27日

スリムになりたい人は先ずこれを守る3

これは「アンジュ 7号食実践会」のブログです。http://blog.goo.ne.jp/5789_1970/d/20111020

下記の文章をかみしめてください。

このブログは大変素晴らしいブログで

7号食を実践して心理的、身体的、哲学的な視点で詳細に書かれています。


2011-09-30 20:13:27 | 日記冨田哲秀氏の「食養学初級編」の中にあった一文だったと思うのですが、

「繰り返しの刻印」というのが出てきます。

私達は繰り返しをしながら生きています。

食べることは毎日ですし、その食べるという行為の中にも何回も咀嚼する

という繰り返しがあります。

繰り返しの中に繰り返しがあり、また繰り返しがあり、そのまた…

というように繰り返されるわけです。

これはフラクタルと言えますし、曼荼羅みたいなものです。

つまり、生きている上でのどの場面を切り取ってみても、同じような模様が

浮き出てくるわけです。

また、逆につなぎ合わせてみても同じような模様になるということです。

小さく見ても大きく見ても同じ模様。

大きな視点に立ち、小さな同じ視点を繰り返す。

これしかありません。

今の状況は変化の過程でありますから、過去の繰り返しが今を作り、

同じ繰り返しが未来を作ってしまうということです。

今の自分は過去の繰り返しを体現した物であり、未来を暗示しているということです。

もし、今の自分を変えたいなら、過去の繰り返しの刻印を消さなければならない

ことも出てくるでしょう。

その代表的なものが「健康」です。

食養を通じて世界観を変えましょう。

posted by 変才冨田 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック