玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2011年05月11日

7号食と下半身太り

Nさんから質問がありました。

質問

上半身は普通か細い方だと思うのですが、
それに比べて下半身がかなり太いのが
ずっと悩みです。上下のアンバランスが
かなりあります。

痩せて、また太ったりするときも
必ず下半身の方に…。

腰、お尻、太もも。
太ももでは特に、前面、後ろ側、外側に
どんどんお肉がつき、セルライトも
とても気になります。
もう長年です。
これは諦めるしかありませんか?
それとも改善方法がありますか?

このような体型になっている理由、
そしてもし改善できる方法、
下半身が細く…というか適度に
引き締まり、上半身と下半身のバランスが
ちょうど良くなるような方法がありましたら
是非、ご助言をお願いしたいのです。

終了

これはおなかで起っていないということが原因の一つです。

姿勢にゆがみがあるよいうことです。

まっすぐに立っている人はおなかに力が入って起っています。

じゃあ、どこで起っているのかというと

背中や腰周辺の筋肉で起っているのです。

その結果、背中や腰の筋肉は硬くなり(実)

反対側のおなかはプヨプヨ(虚)になっているのです。


質問の解決方法はこのスレッドにある「冷え性の治し方」と同じです。

下半身の太りは治ったけれど冷え性は治らなかったということはないのです。

治るときは同時です。

そこでお勧めは7号食にNUKA TEAを併用してください。

同時に1時間正しい姿勢で歩いてください。

なにかご注文のときに「魔法のヒモ」と書き添えてください。

入れておきます。

それを指に巻いて歩くとおなかで起って歩くことができるのです。

ゆくゆくはできるだけ早く重心調整用インソール「姿美人」を使用してください。

それから就寝時に骨盤をゆるめる動作と起床時に閉める動作があります。

起床時に骨盤を閉めると下半身の体液を腎臓や心臓に送り出せます。

このやり方は言葉では説明できないのでそのうちに写真でアップします。

誰か手伝ってください。モデル募集します。

NUKA TEAはよく尿が出ます。

たくさん飲用してください。



posted by 変才冨田 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック