玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2011年03月19日

原発現場労働者の告発1

恐るべき原発行政の実態が告発されています。

長い文章なので連載で掲載します。

この文章は転載、コピーOKです。どんどん拡げてください。

引用開始

 アメリカ先住民のホピ族に伝わる神話のひとつに「この土地の下にある『赤い土』は決して地上で使われてはならない。

それが地上に出たらこの世の終わりとなる・・・」という神話があります。そして、まさに、この『赤い土』のあった、まさにその土地から採掘されたウラニウム鉱石で製造されたウランを核燃料とする原爆が、世界最初の原爆としてロスアラモスで、続いて広島でも炸裂しました。

「原発がどんなものか知ってほしい」と題する平井憲夫氏(原発で働いていた元配管技能士)の生々しい報告です。

 少し長いですが、是非最期までお読みください。---
-----------------原発がどんなものか知ってほしい(全)平井憲夫--------------------------------------------

筆者「平井憲夫さん」について:1997年1月逝去。1級プラント配管技能士、原発事故調査国民会議顧問、原発被曝労働者救済センター代表、北陸電力能登(現・志賀)原発差し止め裁判原告特別補佐人、東北電力女川原発差し止め裁判原告特別補佐人、福島第2原発3号機運転差し止め訴訟原告証人。「原発被曝労働者救済センター」は後継者がなく、閉鎖されました。-----
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

失業者は注目!原発作業、今なら1週間で○十万円!
Excerpt: 現在大震災の影響で多くの企業も被災し、雇用が深刻だ。僕の田舎は茨城県。そこもあまり報道されていないが、被災が激しい。 原子力発電所こんな状況の中で僕の親類の近隣の人が言 ...
Weblog: ポールPAULのモノローグMONOLOG
Tracked: 2011-04-09 08:23