玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2006年05月19日

酸素8

酸素の比率は体内の水分をどう見積もるかで違うようです。
年齢によって違ってきますね。
子供はみずみずしいですね。子供は70%が水という考えもあります。
老人はひからびてしまって60%くらいという見積もりもあります。
下記のデーターもあります。
  表1 人体の構成元素
酸素 62.43% カリウム 0.23%
炭素 21.15% イオウ 0.16%
水素 9.86% ナトリウム 0.08%
窒素 3.10% 塩素 0.08%
カルシウム 1.90% マグネシウム 0.027%
リン 0.95%

ところでこれから述べる意見は私見であり直感的な根拠のない意見です。
黄金比率というものがありますね。
そう、名刺の縦横の比率です。
1:0.618です。
人体全体の元素を1として酸素はこの黄金比率に近似ですね。
なにやら意味深ですね〜。
ところで臼歯の全体の歯に占める比率は62.5%ですね。
これも意味深ですね〜。
もっとも重要なものは、美しく感じさせる比率となるのでしょうか。
黄金比率に機能美的な美観を感じるのは、わたしたちのこうした構成比が原因になっているのでしょうか?
posted by 変才冨田 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック