玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2010年12月22日

女性とお酒4

お酒が苦手だったけれどだんだん飲めるようになったという人は危険です。

アルコール分解酵素がないのに飲める人は発ガンの危険性が大きいのです。


さて、なんといってもお酒の害は判断力の低下でしょう。

アルコールは神経細胞を溶かすのでいろんな現象を起こします。

アルコール性脳萎縮があります。

小脳が萎縮して飲んでいないのに千鳥足になります。

前頭葉は半分にまで縮みます。

飲んでいる人と約束できないのは判断力が極度に低下しているとわかるからです。

しらふの時には云えない様なことを言ったり(本音)、行動したりします。

日頃の抑制が取れますのでセクハラしたり、上司に暴言を吐いたりします。

急に人を殴る人もいます。

なんでも自分はできるといった全能感をもって大きなこともいいます。

車だって運転しようとします。

飲酒運転でどれだけのいのちが失われてきたか・・・。

先ず子供に嫌われるでしょう。

お酒の相手をする女性はそうした判断力低下の男性を見てしまい

真面目に働くことの意味をもてなくなります。

人生観が狂います。



posted by 変才冨田 at 00:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とういことは・・・、私も昔から酔ってる父を毎日みてきたから、働くの嫌なのかしら・・・。
今でも、酔ってる父は嫌いです(´‐ω‐`)

でもおかげで、お酒を飲んでもわりかししっかりした人でいられる私です。
Posted by oka at 2010年12月22日 01:02
さて、「お酒を飲んでもわりかししっかりした人でいられる私です」

そうなのでしょうかねー。

判断力を無くした状態での評価なんですよね。

よくあるでしょう、繁華街で

「俺は、ウイー、酔ってなんかいませんったら!ヒック。その証拠になんでもできるんだからー。そうだあのトラックを止めてやろうか?」

そういってトラックの前に出て轢かれて亡くなった落語家さんもいますね」

いますよね。

Posted by 変才 at 2010年12月23日 12:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック