玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2010年08月27日

玄米と豆は日本とあなたを救う15

日本では豊富だと信じられている水は、実は貯めてきた過去の努力があったからです。

ヨーロッパ人からみれば日本の河川の流れは急流に見えるのだそうです。

確かに「ドナウ川」「ライン」などたゆとく流れています。

それは大きな平野を流れているのでゆっくりなのです。

ところが日本の地形は山と海が近すぎるために流れは速く、そのままではすぐに海に流れ込みます。

水を止めておく巨大な水瓶が必要なのです。

その巨大な水瓶とはなんでしょうか。

どこにありますか?



posted by 変才冨田 at 21:19| Comment(1) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
田んぼ、水田です

水の豊かな日本とは昔の人が日本に
たくさんの水をとどめ、この豊かな自然を
誕生させたんですよね。

田んぼ・水田は日本の命の源です
まさに生命はここから誕生していると言っても
過言ではないですね。
Posted by ほのぼの at 2010年08月28日 19:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。