玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2010年07月11日

消費と生産1

本日は参院選の投票日です。

投票という行為は明日を、未来を生産する行為です。

投票行為をしないという行為も、もちろん未来を生産します。

未来を望ましいものにしたい人は投票に行きます。

行かない人は、つまり政治を無視するわけですが

あなたが無視しても政治はあなたを無視しません。

望ましい方向に未来を作り出そうとする人は人生の生産者であり

投票しないということは、人生の消費者となるでしょう。

生産とは未来を考えることであり

消費とは未来も過去も切り離した今だけの存在となるでしょう。

「今を生きる」とは過去と未来をつなぐ意思のあるときだけだと思います。

「今を生きる」とは今だけに生きることではないのです。

今だけを生きることを刹那主義というわけですね。

もっとも刹那の本当の意味は本来の「今を生きる」ことに真意があるのですが・・・。

刹那とは生命は今この瞬間にしかないのだという覚悟で生きなさいということでしょうね。

ですから今解釈されているような意味では刹那主義といわないで、快楽主義とか実利主義といったほうがいいかもしれません。

あなたは人生の生産者ですか?それとも消費者ですか?
posted by 変才冨田 at 01:24| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。