玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2010年05月14日

酸素カプセルと耳鳴り、メニエール

今回でカプセルの利用が8回目の女性です。

耳障りな耳鳴りとメニエール症状で困っていたのですが

「耳鳴りもメニエールのめまいもほとんど無くなっています」

けれど

「じんましんが出て痒いです」

「血行が改善されたことで排毒がさかんになっているからでしょうね。

毒素を溜めなくなったのでよいことなのですが、毒素の原料を減らす

事、つまり日常の食生活を改善しましょう」

この方は酸素カプセルを利用するだけで特になにもしていないのです。

酸素カプセルは血行を急速に改善します。

食で血をにごらせる動物性が多いと、血が粘ります。

血液を清浄にしたうえでカプセルを利用すると、その効果は1+1=

3以上になります。

さらに

「せっかく酸素を身体に補充したのだから歩かないと損ですよ。

有酸素運動は歩く事が一番です。脂肪は酸素がないと燃えないので

デトックス効果は 酸素+食改善+運動=10

三つ組み合わせれば、その効果は眼をみはるものがあるでしょう。

フィーリングカップルを炊いたら

「お父さんが、なんやこれ><」

と食べてくれなかったそうです。

それでいて高価なサプリメントは利用しているそうです。

「そういう方は健康観が悪いので、それを改めるにはあなたから始める事ですよ」

どんなに考え深い人でも、こと食にかんしては食べもしないで拒否反応を示します。

こういうのを「馬脚があらわれる」というわけですね。

なにごとも成否は一旦保留して、実行してあらためてその成否を考える

という態度が「思慮深い人」というわけです。

こういう人のためにフィーリングカップルをつくったのですよ。

これまでのところ全員が「美味しい!」と評判です。

posted by 変才冨田 at 14:22| Comment(0) | 酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。