玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2010年05月10日

姿美人の威力

少し情報が溜まっているのでご紹介しておきます。

@三年前に姿美人をつくった若い女性が

「どうしてもできなかったふくらはぎに筋肉がつきました」

これは足指でケリができたのふくらはぎに筋肉がついたわけです。

ということは冷えもなくなっているのです。

A 左のかかとが痛くてしょうがないという男性奥様に連れてこられました。

腰もヘルニアがあります。

元々右腰が痛くなり(つまり右重心)、かばうために右足に重心をのっけたのでしょう。

このとき右のかかとに体重をのせて運動をすることになったわけですね。

姿美人のテストでは、痛かったかかとに痛みがなくなり、身体が軽くなり歩きもスムースに足が出るようになりました。

足指にヒモを巻いてあげても「かかとが痛くない、でも走ってはまだだめですか」というくらいに変化しました。

後非常に首が回りにくそうで、これもつまようじで見違えるくらいに首や肩周辺が軽くなりました。

こうしたことが一瞬でおきますからおもしろいものですね。

止められない仕事ですね。

この男性はいびきがひどいはずで(望診ではあごに肉がつきすぎている)、これは将来命取りになるものです。

こういう場合はパタカラをおすすめするのですが、しませんでした。

それを伝えても真摯に受け止められるか疑問だったからです。





posted by 変才冨田 at 22:03| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。