玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2009年08月01日

夏の思い出3

今になって考えるとその時のことをどうして覚えていないのかと疑問に思う。

小学校5年から中学までずっと重いを寄せていた彼女となにを話したのか覚えていない・・・、それが不思議でならない。

もしかしたら思い出したくないなにかがあって記憶そのものがロックされているということはないのだろうか。

できれば一緒だった友人にその時のことを聞きたいと思う。

もっとも
それは単純な理由で
単にわたしがその頃からすでに記憶喪失の名人の域に達していたということかもしれない。

実は、彼女とはそれまで会話した経験はないけれど
話しかけられたことはある。

それは一年前の5年生の時の夏休み、林間学校のときのことだ。

「トミタクン、怖い・・・」
いえ、わたしが急に狼に変身したのではない。



posted by 変才冨田 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック