玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2009年06月11日

乳がん闘病記4

乳癌キャンペーン

乳癌キャンペーンが昨年秋も大々的に実施されています。私が患者になったから目に付くだけではありますまい。

テレビのニュースで取り上げられたり、患者体験をしたタレントさんたちのご出演をよく目にする昨今です。

私の素朴な疑問は「本当に片っ端から手術したり、抗がん剤をやっちゃうの? 本当に標準治療で安心? 直るの? みんなマジ?」。現在の医療は局所のみの対処療法。まして患者の心とはほど遠い医療現場です。

患者の体験記を数冊読みましたが、本当に暗い気持ちになりました。

患者が医者の場合ですら同様の本に当たってしまい、がん患者になるということは『かなり暗い人生』になると思い知らされた感じです。

患者たちが主催する「聞きあいの会」に数回参加した体験で、抗がん剤で指の爪がなくなり、一年半経って「やっとここまで爪が生えてきたんです」という女性と話したり、「最初に左胸をとり、転移で右胸も取りました。

タモキシフェンを飲んでいる間はずっと体が火照って暑かったですね」という方、一度リンパ浮腫になると直らない〜等など症状は様々ですが、皆さん「再発」に高い関心をお待ちです。とにかく手術や投薬では安心できないというのが私の得た感触でした。
posted by 変才冨田 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 癌 完全なる治癒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック