玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2009年06月10日

乳がん闘病記2

食養を始めてからは、あっという間というか、結構忙しかったです。

忙しい理由は、えっと〜、恥ずかしさを神棚に上げて言うならば「食養の勉強と実践、それに楽しみを兼ねた自主トレの運動(テニスやウォーキング)」というところでしょうか。

食料は「買出し」気分で色々と店を探しました。毎日朝一番の「ウンチ観察」は、楽しみでもありまた恐ろしくも…。「昨日の私はよく生きたか」を知る貴重で重大な毎日の結果発表のひと時です。

 今回は冨田先生から「他人のために何かできる事を〜」とチャンスを頂き、私の体験などでお役に立つならと思いつつ、自分のためにも今までをしっかり振り返って見ようと思いました。

これからの生き方を考える上でも。他の人のためと言いつつ書き始めてみると「頭にきた〜」ことを書きなぐりそう。

 病気の治し方・付き合い方は千差万別。同じ病気でも症状は様々で、対応もそれぞれ。その人なりの方法を見つけていくうえで、ほんの一文でも参考になればうれしい限りです。

つたない文章で恐縮ですが、しばしお付き合いいただければ幸いです。
 
posted by 変才冨田 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 癌 完全なる治癒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック