玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2009年06月09日

乳がん闘病記1

以下のレポートは乳がん闘病をして約一年になる方のものです。

彼女は木性が高い値なので、後続の方のためのレポートになっています。
同じ乳がんの方が読めば非常に参考になるものです。

第一回
はじめに
2008年1月初旬、3ヶ月にわたる検診結果で「乳癌」と名づけられてから早1年半。告知を受けて「本当にマジ? 本当にホントにがん患者? 
まいったなあ。怖いよね、どうしよう」と立ち往生。治療はホルモン治療で、抗がん剤より楽と医者の薦めで受け、本人希望により半年後に中止。

 5月から富田先生のセミナーに参加しシドロモドロながら食養を始め、9月のある日に「ガンは心配ないですよ」と富田先生と明石の歯医者さんから教えられました。

私としては「はあ?」本当ならうれしいんだけど〜。信じていいの?というのが当時の正直な気持ちでした。

8月一杯でホルモン療法を中止し、11月に病院検査で「腫瘍は見えない・リンパ節の腫れはある」ことを確認。

その後半年以上過ぎた現在も乳房に腫瘍はなく、リンパ節の腫れは半分以下に縮小、転移なしです。リンパ節の縮小傾向は現在も続いてあともう少しかと思っています。

続く
posted by 変才冨田 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 癌 完全なる治癒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック