玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2009年06月01日

真夜中の拳銃暴発

昨晩はクアハウスのカプセルで一泊しました。
当日珍しく便秘であった。

そのせいで午前二時ごろからお腹が張り出して
一発放ちました。

あまりにも大きな音でびっくりです。
わたしだけでなくお隣さんも驚いたようです。

身体がはねたような音が聞こえ「ウウー・・・」
とうめきます。

しばらくしてもう一発
お隣さんはまたしても
「ウウウッ・・・、ヤ、ヤラレタ・・・」

もしかしたらお隣さんはやくざ???
わたしは独り言
「空砲だよ、おおげさな、これが実弾だったら
こっちが困るんだよぅ・・・」


その日は珍しくポロシャツを着ました。
ところが胸ポケットのあるシャツを買ったつもりだったのに
、それが無いのです。

こういう場合は完璧に自分を疑う習慣ができています。
おそらく幼稚園の頃から自分を疑うようになっています。

「胸ポケットのあるモノを買ったつもりが、いつものようにうっかりして近くのシャツをかごに入れたのだ」と。

事務所でしばらくすると、スタッフが
「あれ、シャツの白い札がバンドのところからはみ出していますよ」
ええー?なんだ?これ?
スタッフがシャツをマジカに観ます。
「あれ、もしかして裏表逆に着てませんか?」

あ、またやっちゃった・・・。
裏側にポケットはちゃんとありました・・・。

posted by 変才冨田 at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ぼけ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
変才先生のボケ話は本当に笑いが
止まらなくなります。

今回のはかなりのヒット話ですねー

以前車で6時間かけて神戸に行く途中
時間をもてあまし、
「そうだ、わたしの携帯はインターネット
できたんだー、変才先生のブログみてみよー」

検索した結果出てきたお話が
ボケ話で、温泉に入ろうとするお爺さんの
お話で、
3時間笑いっぱなしでした。

時折思い出しては、ひとり笑っています。

今日も息子の運動会の帰り
へとへとで家路を歩いている時
このお爺さんのボケ話を思い出し
家族と歩きながらゲラゲラひとり大笑い

家族は息子の運動会の感動に浸っているのに

私はお爺さんのボケ話で笑いが止まらず
幸せな家路でした。

旦那さんがニコニコ微笑みながら
「なんなの、その笑いにいれて!なにがそんなに
おかしいの?」


「おじーさんの」

旦那
「またそれか・・おじーさんか・・・」

何度も、もう一度読み返したい
と思いブログで探すのですが
みつかりません・・・><

どこに隠しましたか>>教えてください。

あーまた、笑いが込み上げてきたー!!

Posted by ほのぼの at 2009年06月01日 00:57
大変受けたようでよかったです。

今年の2月19日の記事にありました。
「差別観念は身にしみついている1」です。
わたしの哲学のカテゴリーに隠れていました。
Posted by 変才 at 2009年06月01日 13:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック