玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2008年12月12日

連載 望診法14

唇編2

唇は土性のカテゴリーに入ります。
土性は消化器官や消化機能、特に胃と脾に関係します。
この場合の脾とはすい臓機能を70%程度は表現していると考えてください。

ですから唇は消化と関係するのです。
この点は左側のリンク集のエゴギョウの土性編を参考にしてください。
食べることは増やすこと、すなわち生殖意欲と表裏になります。
したがって唇は性的魅力の表出にも関します。
セクスアピールの場でもあるのです。

女性が口紅を使うのはセクスアピールなのです。
男性側から見ると「偽装工作」でもあるのですね。
これは冗談ですからね・・・。
でも同じ偽装をするなら薄い紅色で表現するところです。
時々紫色で塗っている人がいますが、どういう神経なのでしょうね。
不健康な色はセクスアピールにもなりませんね。

さて
上唇は胃をあらわします。
ここが薄いと胃下垂や消化機能の低下をあらわします。
逆にぶあつく上方にめくれ上がったように見えるときは胃拡張をあらわします。
前者は大根おろしなどを一緒に食べるようにします。
後者はドカ喰いを戒めましょう。

ドカ喰いをすると口角炎になりやすく、これは十二指腸もただれていますよという印です。
あるいは左は胃の入り口である噴門部、右は出口である幽門部の荒れです。

左の口角炎が起きたときは食べてすぐに横にならないようにします。
特に腹ばいになってはいけません。
胃酸が食道に逆流しやすい状態だからです。
posted by 変才冨田 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 顔の望診法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック