玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2008年11月17日

美と健康12

食べ物の次に重要なことは歩くことです。

せっかく血をきれいにしてもそれが全身を巡らなければ効果が少ないのです。

歩いて筋肉をつくると体温も上昇します。
一度上昇するだけで免疫は30%強くなり、美と健康が両立するのです。
いつも青白い顔では考え物です。
歩くことで顔の血色がよみがえるのです。

三つ目は睡眠です。
グッスリ毎晩眠れることで昼間に活動的になります。
疲労は質の良い睡眠でリセットできるのです。

疲労のにじんだ顔では美とは程遠いものです。

四つ目は心の問題と考え方の問題です。

今回は四つ目の問題を考えてみます。

美の力とは今回の連載で述べているように人との関係性で生じるものですから評価されねば力の出しようがありません。

全ては力です。
力がないと美もアウトプットされない、表現できないのです。
それを引き出すのは他者の評価が大きいのです。
もちろん自分自身が評価できることも必要です。

こうした心の働きを自然に活用できているグループがあります。
それは
フヨウサキナというサロンでの美顔活動を展開している会社です。

この活動をしている女性たちを見ていると非常に興味深く面白く感心することが多々あります。
次回へ続く

posted by 変才冨田 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック