玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2008年11月14日

美と健康10

長々と美の周辺事情について書いてきました。

要は美しくなるというのは社会性があるということなのです。
人と人との関係性においてはじめて「美しい」ということが意味を帯びるのです。

美は社会的である、ということは状態として美しいということよりももっと積極的な「美しく生きる」ということの方がどれだけ素晴らしいかわかるでしょう。

え?
「でも状態としても美しくなりたい」ですって?

それは「美しく生きる」ということを背景にして実現できるものだと理解してください。

それは美を獲得する戦略というかなり高い次元から眺めたものです。
なんのために美しくなりたいのかということがないと美に意味がなくなるからです。







posted by 変才冨田 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック