玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2008年09月28日

顔面麻痺と酸素カプセル

今朝、顔面麻痺の相談がありました。

以前若い女性の同じ相談がありました。

左側が麻痺しており目が閉じられない、唇の左側が垂れ下がってしまい、相貌が崩れています。

顔の急激な血行障害が原因であれば加圧酸素カプセルに数回入れば治ります。
毎日か一日おきに入ればよくなるでしょう。

酸素カプセルに一回入って少しも改善効果が見られなければ別法もあります。
posted by 変才冨田 at 10:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 酸素カプセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
酸素カプセルに入った犬はどのような変化が起きるでしょうか!

17才になる中型犬は自宅ではじっとおとなしくしています。

散歩中もゆっくり歩き、オシッコは若い頃とは
違って元気なくしゃがんでそーとします。
ちなみにオスです。

ところが酸素カプセルに入ると!

カプセルから出たとたんピョンピョン跳びはね、
目がパッチリ開いてキラキラします。

そしてとても勢いよく立ったまま足をあげて
シャーとオシッコができるようになるのです。
帰り道も小走りに走って帰れます!

別の16才のメスの犬です。
散歩中歩いては休み、を繰り返し口の歯茎が
腫れて痛みがあるようで吠えなくなって
元気もありませんでした。

酸素カプセルに入り本当に私も飼い主さんも
驚きました。

入る前は左目が半分しか開かずにいたのに
1時間カプセルに入っただけで
パッチリ目が見開いて、
口の腫れがなくなり、ワンワン元気良く吠えることができるようになりました。

犬にとって吠えると言う行為はとても意味を持っています。

吠えられなくなると何らかの問題が身体に生じている信号です。
人が無理に犬を吠えさせることはできません

人もそうですが大きな声を出したり、唄をうたうことで、胃や腸を刺激します。

犬にも同じ事が言えます。

犬の酸素カプセルの効果はものすごい効果です。

あすなろ米を食べ、酸素カプセルに入る事に
より、人以上に目に見えて効果が現れます。

タカダイオンも同じです。
後ろ足を引きずっていた大型犬がタカダイオンを
1回あてただけで、散歩中何年ぶりに、
小走りできるようになります。


Posted by ぼのぼの at 2009年04月09日 08:08
そういえば本文の顔面麻痺になった女性も数回の酸素で治りました。

ほとんどの疾患は急性か慢性的な血行不良からなので
加圧カプセルに絶大な効果があるのです。
Posted by 変才 at 2009年04月09日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック