玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2019年10月25日

7号の歴史 2

7号食の歴史 2

桜澤式は働きながらは非常に壁が高くてよほどの“やる理由”がないとできません。

せっかくの素晴らしい食事法なのに、これでは多くの人ができません。

そこで玄米ご飯なら“いくら食べても良い”というルールで私がやってみました。

10日間玄米ご飯にごまジオふりかけて食べる。

もちろんその他の“オカズ”は無しです。

水分はノンカフェインがルールですから、棒茶とハーブティや甘酒です。

ただし、食後すぐにお茶は飲まない。
胃酸を薄めて消化作用を弱めるからです。

お腹が空いたら食べる。
但しよく噛むというルールです。

いくら食べても良いといっても早食いだと食べ過ぎになるからです。

食べ過ぎたかどうかの判断は神経が鈍っている人はできません。

よく噛むことで食べ過ぎは防げるのです。

さてこれでやってみたところ
感覚的には桜澤式と変わらなかったのです。

そこで20年近く前から私のセミナーで提案が始まりました。

実行する人が徐々に増えてきて、10日間の後で回復食期間を設けました。

いきなり肉食べて カレー食べて下痢する人が相次ぎました。

そこで10日間の後で3日味噌汁だけ追加。
但し、具無しです。

その後具沢山味噌汁を三日間やって16日で終了です。

味噌汁の出汁も精進出汁(動物性無し)で徹底します。

出汁はBL研究所のHPをご参照ください。

これでトミタ式7号食は完成しました。

以来 僕が直接指導して実行された方は5,000人に近い数になりました。

いただいたレポートは500を超えます。

これらのレポートの一部は
ブログ あすなろ日記にそのまま記載しています。

多くのレポートを精読させていただき
7号食がなぜ完成度が高い食事法なのか
分析して、私のセミナーでシェアさせていただいています。

7号食セミナーは各地でやっていますので一度はご参加ください。

また7号は相互扶助的で大きな社会貢献に繋がりますので、意欲ある方は深く学んで是非「7号食講師」を目指してください。

私ひとりの力ではたかが知れています。

混迷している健康観が多くどうしていいのかわからない人々が多いです。

本質的な健康観をみんなで広げることで
慢性疾患という現代病を追い払う戦士になってください。

今インターネット上で流れている7号食のほとんどは私が発信元です。

発信元から正確な情報を得てください。

続く

追伸
東京の10月27日セミナーは満室ですが
名古屋は11月3日
大阪は11月10日にセミナーがありますよ。
posted by 変才冨田 at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7号食の歴史

7号食の歴史

トミタ式7号食の提案をして20年近くなりました。

そもそもはマクロビオティックの第一人者である桜澤如一先生が戦前から提唱しており、フランスで広めました。

キャンプを張って「病まうもの来れ!」て新聞広告で集めました。

その成果はパリの新聞に「パリの奇跡」と表題がつけられて一面に紹介されたのです。

どう見ても50台にしか見えない女性が30台ではないかと思へるようなビフォーアフター写真が並べられました。
その衝撃力がその後にヨーロッパにマクロビオティックが拡がった理由です。

(彼女は童話作家でしたが、パリで最初の玄米レストランをオープンしました)

さて、私は20代の頃に桜澤先生のやり方で7号食に2回挑戦しました。

桜澤式は1日にお茶碗一杯の玄米ご飯のみです。

しかも水分もお茶として制限をかけられていました。日に三杯の番茶のみ。

これを10日間実行したのですが、毎日がふらふらでした。

それでも7日目あたりから平気になり同時に神経が鋭くなり、街に出たら今まで気づかなかった街の悪臭に閉口していたことを覚えています。
体臭もわかります。
特にクスリを服用されている人は独特の体臭を放っていました。
そして短時間の睡眠なのに目覚めが爽やかでした。
風景もクリア過ぎて新鮮でした。

この7号食は「運命をも変える食事法」です。

健康になるだけでは終わらなのですw

この点が他の色々な人が提唱するダイエット法と隔絶しているところです。

さて
この食事法を世に広めたいと思ったのですが、.......
続く

http://bl-labo.co.jp/
posted by 変才冨田 at 13:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする