玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2019年01月29日

チャンスはいつも降り注いでいる

チャンスはいつも身の回りに降っている

ずいぶん昔のお話です。
淡路島のとある漁師町のお宅に行きました。
そこでの話題です。

三軒隣の漁師はすごい。みんなが漁が0の時でも必ず収穫がある。みんなが収穫した日はその二倍以上の収穫がいつでもある。どうなってんだ!とみんな思っている。

私はその漁師さんを訪ねて訊きました。

私 なぜいつも収穫があるのですか?

簡単なこと。漁場に着くまでの間に全ての釣竿に餌をずっとくっつけてる。
魚群が来たらすぐに竿をヘリから突き出せるからね。

みんなはそれをしていないだけ。

なぜみんなしないのか。
手間惜しんでるから。
魚群にあたらなかったら、手間と餌が無駄になるからってね。

チャンスはいつか自分にも訪れる。
そう願っている人は多いけれど、それは妄想です。
チャンスはいつでも今も降り注いでいる。
チャンスを掴めるのは準備している人だけだ。
準備?
それは、いつもソノことについて考え続けている人ということです。
posted by 変才冨田 at 19:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする