玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年08月12日

栄養過剰の栄養失調を救うスーパーヌカ

栄養過剰の栄養失調を救うスーパーヌカ

食べ物が溢れているのに栄養失調が日本の現状です。

「エネルギーになるだろう」食べ物は摂取しているが
それを完全に燃焼させてエネルギーにできていないということです。

できなかった不完全燃焼物はどうなるのか。

脂肪として体内で蓄積されれば肥満ですね。
もう一つは毒素の分解ができなかったということです。

これが現代的疾患が増加している基本的な原因です。

では、スリムな人は大丈夫なのか。

一般的に言えば、こういう人の消化器系は弱い。

食に対して何か特別な意識的な態度を持っている人は別にして

現代的な食を前にしては抵抗なくなんでも食べるでしょう。

太る人は消化器系が丈夫、痩せている人の大半は胃が弱くて消化不良なのです。


さて
エネルギーになるものは摂取しても、それをエネルギーに変える微量栄養素をどう摂取できるか。

現代的食習慣、特に外食習慣を根本的に変えられないとしてです。

7号食でせっかく健康にスリムになっても仕事でどうしても外食が多くて
元どおりに太る人は多いのです。

提案ですが
スーパーヌカをどんどん使ってください。

炒ってから小さめの容器に入れて
(手で掴んで握れば穴から出るタイプの容器)

何にでも振りかけるのです。
思いっきり振りかけてください。

理由は
@豊富な微量栄養素と繊維がしっかり取れます。
A料理が美味しくなる。
BBL研究所の売り上げが上がって、経営力が上がることでより貢献できる力が付きます。

スーパーヌカはビタミン ミネラル 生理活性物質が玄米の10倍以上あるのです。
中でもスーパーヌカに含まれる、スリムにするガンマオリザノールが大量にあるのです。

早速容器を買ってご主人のカバンに入れてください。

入れるだけではダメですよ。

命令してください。

残っていたらただでおかないと脅してください。
posted by 変才冨田 at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業の勧め 好きを仕事にする時の注意点

「好き」を仕事にはして私のように独りブラック化しない方法があります。

(但しその仕事が社会的有用性があって盛業になった場合です。
もっとも社会的な有用性、需要がなければ食べていけないので長期にはやっていけませんね)

どうするか、分業です。好きな人を集めて分担するのです。
みんなで経営するのです。


これからの時代は協同組合化が必然だし、そうなって欲しいものです。
企業から脱走した人たちが平等にまとまって財閥資本に対抗したいですね。


一つBL研究所で考えている試みがあります。





posted by 変才冨田 at 00:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする