玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年08月08日

これが絵だって! 驚いた。

033A9F9E-D7ED-4F0E-9783-E9943F194137.jpeg
これを書いたのは松井さんという若きアーティストです。

未だ自分の絵は売ったことがないそうです。

アーティストの苦悩は
売れる絵を描くのか
自分が描きたい絵を描くのか、
ということになります。20AB7031-6638-44FF-BA68-030DBF903A5C.jpeg

でも、よく考えてみれば

我々も同じ苦悩を持っていますね。


生きる為に働いているのだけれど

働く為に生きてしまっています。


もう一つ奥を考えると


活きる為に生きているのに違いない。

時間賃金労働という奴隷の環境下でかろうじて生きている。

活きる為には奴隷から脱走することだ。
posted by 変才冨田 at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

問題発見能力 3

他者をジャッジメントできるというのは

特にエゴギョウでいう金性が高くなくとも

多くの人が不可避的にやっている。


マア、自分を棚に置いておいてよく言えるもんだと思いますが

普通に人は自分を特別扱いにしているので

他者批判はできます。


自信がなくて困っているという人も

他者をジャッジメントするときは自信に溢れている。


子供へ配偶者へ親へ同僚へとその刃は飛んでいく。


さて

人は他者を正したくて他者批判をしているのか。

おそらくそうではない。

溜飲を下げて気持ちよくなるためだ。

批判は他者へ「問題あり❗️笑」とつけつけるわけだが

決して問題解決したいわけではない。

もちろん他者をジャッジメントして問題解決するわけがないのだから。

それどころかジャッジメントされた方はジャッジメントの返礼をするだろう。

人間関係はズタボロになるかと言うと表面的にはそうでもない。


双方ともに黙ってトーチカに入るだろう。

現代日本はみんなトーチカに籠ってしまって

自閉している。

そういうわけだから

助けることも助けてと叫ぶこともできない。


問題解決したいなら

トーチカに籠っていて覗き

外に空砲を放っているという現状こそが問題だと気づく必要があるだろう。

それこそが問題発見なんだろうから。


昔読んだ「箱男」を思い出す

じっさい箱というやつは、見掛けはまったく単純なただの直方体にすぎないが、いったん内側から眺めると、百の知恵の輪をつなぎ合せたような迷路なのだ。もがけば、もがくほど、箱は体から生え出たもう一枚の外皮のように、その迷路に新しい道をつくって、ますます中の仕組みをもつれさせてしまう。

−安部公房「箱男」
posted by 変才冨田 at 14:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月15日は癒される日です。

ほづみさんの歌声はシューマン共振すると立証されており

彼女が海で歌うとクジラが、山で歌うと小鳥が寄ってくるそうです。


https://www.youtube.com/watch?v=mXxXtNF7_KE&app=desktop


みんなで当日は癒されに参りましょう。

彼女はカタカムナの「ウタヒ」もやっているそうです。

これは周辺に「ヒビキ」を巻き起こして現実を変えます。

【二人のチャレンジャー】※残席少なくなっています

私が初めて共演を依頼した相手は、オペラ歌手ではなく、ポップス、ミュージカル、昭和の歌謡曲までをも変幻自在に歌いこなす事が出来るシンガーの宮本すずよさんです。

去年彼女のステージを観に行ったのですが、エンターテイナーとして徹する彼女がとても素晴らしくて、その日のうちにコラボして欲しいとお願いしました。(その後、彼女の輝かしい経歴を知り焦った私😵💦)

先日彼女のライブに行った時、彼女のファンの方が『…でも、よくすずよさんはオペラ歌手の貴女と一緒にやるといいましたよね。普通ならポップスシンガーの方はオペラ歌手とのコラボだなんて嫌がってお断りすると思うのだけど…。彼女も貴女も本当にチャレンジャーだと思う。』

確かに、私達はチャレンジャーで型破りだと思います。(笑)

美空ひばりさん、ジブリ音楽、アニメソング等にもチャレンジしますよー!

そんな二人の一夜限りのライブ
伝説のライブと言われる様なステージを目指していますので、是非いらして下さい🎵

~音楽のジャンル 言語の垣根を越えて~
  ことだま & おとだま 🎶

2018年 9月15日(土)
開場18:30
開演 19:00〜

※1部と2部は趣向の異なる内容です。入れ替え制では有りませんので、1部のステージからお越し下さい。

会場 南青山MANDALA
〒107-0062 東京都 港区 南青山3丁目2−2MRビルB1 03-5474-0411
https://g.co/kgs/frRP9u

料金 事前申し込み 5000円 当日 5500円
(お食事、ドリンクは別料金となります)

お申し込みはこちらのページから

★柏田ほづみ オフィシャルショップ
http://hozumi.theshop.jp/

posted by 変才冨田 at 08:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

問題解決能力よりも 問題発見能力 3 自己正当化の強化

あなたは「自分はそんなに自分を正当化していないように思う」

というかもしれません。

そうではなく

自分の周辺にいる間違った行動や考え方をする人の数だけ

自分の正当化イメージの強さだと考えてください。


自分の考えていることが思ったように進まないのは

周囲の理解がないからだ(みんなアホばかりだ)と思うのも
自己正当化が強化されている可能性があります。


自己正当化はそれ自身が生き物のように振舞います。

周辺にアホばかりだという環境を自動的に作ります。

自己正当化は歪んだ認知を作ります。

以前の話ですが、僕の周辺には僕自身も含めて全員がそうだったので

勝手に苦しんでいたのです。



問題発見能力とは自己正当化をしている自己の発見なのです。

posted by 変才冨田 at 08:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする