玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年07月19日

7月27日 大阪夜学 サボり脳がはたらく脳に! ハイパー体験できます。

48F2D481-73D5-4534-B34F-65B8494B0117.jpeg
先日傳田先生の研究所でハイパー体験をしました。

歌を唄ってからハイパー体験をして
もう一度唄いました。
まるで別人のような歌唱になりました。
当日そのビフォーアフターを聴いていただきたいですね。

帰りはスッキリクッキリ風景が見えました。
キラキラ輝いて見えるのですねえ日頃から僕の脳はサボっているようです。
7月27日(金)傳田聴覚!大阪緊急セミナー
★傳田聴覚システム開発者 傳田文夫氏による聴覚トレーニングのお話
あの傳田先生が緊急来演
皆さんの脳を揺さぶって感度良く磨きます。

内 容:
傳田先生開発の聴覚トレーニング
中でも強力無比のハイパーを体験していただきます。

ミューズボックスの愛用者はハイパーを体験ください。

初めての方はその理論と効果を肌で体験してください。

時 間: 19時00分〜21時30分 
終了 21時30分 で終わったら良いなあ

参加費 2,500円 (20人定員とします)

場 所:BL研究所セミナー室
大阪市東成区中本3-10-23

壊れたバイクがオブジェになっているところです。
看板ないので注意してください。

050ー1193ー9391

posted by 変才冨田 at 16:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷ったらやる❗️

した後悔としなかった後悔では

いつまでも尾を引くのはしなかった後悔です。

してしまった後悔は時とともに薄れ癒されます。

したがって

頼まれごとは試されごと(中村文昭氏)

そう考えて

瞬時に引き受けてしまえ!


そうやって人生は始まるのです。


人生が終わる恐怖よりも

始まらない恐怖を知るべし!
posted by 変才冨田 at 10:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ福島セミナーが近くなりました 7月21日


未だ空席があるようです。

身体のどこかに痛みがある人は是非どうぞ。

質の良い無害で即効果があるツンツンセラピーの講習もあります。


7月21日(土)福島県郡山セミナー
★第1部「身体」の軸とは /第2部「意識・考え方」の軸とは /第3 部「食」の軸とは
健康のスペシャリスト!
「冨田哲秀」先生を大阪よりお招きして
「食」「身体」「意識・考え方」この三つを学べる特別な一日をご用意しました。

さあ、これから先が真の健康の始まりです♫
開 場:
9時10分〜 ・自律神経の測定 ご来場の順にどうぞ♪

開 始:
・第1部「身体」の軸とは 《10時00分〜12:15分》
肩こり、腰痛、頭痛など一発回答!
あなたにもできる驚異の家庭療法を教えます

      12時15分〜休憩 
    
・第2部「意識・考え方」の軸とは 《13時00分〜15:15分》
  東洋哲学である五行説とアメリカで生まれた
  《エゴグラム》を統合した【エゴギョウ】初級編(※前回パート1は入門編)  
  〜心と臓器の関係とは〜

     15時15分〜休憩
    
・第3 部「食」の軸とは 《15時30分〜17:30分》
  病氣の原因と治し方  〜食と身体の原理を学ぶ〜
  
    終了 17時30分(おそらく) 

〇会 費  3部構成につき 各1,500円
     (全受講4,000円 ) ※当日受付にてお支払い願います

〇会 場 滑川公民館 須賀川市(和室)P20台有
     ※この日は「アースデイ」も開催のため
     銀河のほとりには停めないでください。

〇主催 福島ありがとうプロジェクト  共催 銀河のほとり

〇申込先 ☎090 4633 5749 大竹茂(たけ)
Mail: foot@asimomi-take.net もしくはFBのメッセンジャーにて もしくは、BL研究所へ。。
《件名:7/21講座について》
 ※お名前・希望講座・日頃の疑問・この講座に期待すること、冨田先生に聞きたいことなど何でも結構です)
posted by 変才冨田 at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不安感と戦わない 不安感とは 風変わりなワクワク感なのだ。

不安感があるとそれを解決したくなります。

けれど解決不能の不安感が多いのです。

解決できる不安とできない不安。

この線引きが難しいのではないか。

全ては解決できるわけではないのですが

数学の問題に必ず解答が用意されているように

解決策が必ずあるという思いに知らず知らずハマってしまうことがある。

解決するための諸条件が周囲にあれば問題意識として浮かぶ。

そこにはある種の建設的な明るさがある。

解決できないかも、という不安感は無くて

それ以前に夢中になって探しているかもしれない。

逆のある種の暗さが伴っている場合は

解決に尽くすことを中止した方が良い。

きっと現在には解決の条件がないのだから。

そういう場合は未来になったら解決するだろうと思う。

未来にきっと解決する条件があるのだ。

まだ現在はツボミなので見えないだけだ。

花開くまで待てば良い。

今は解決を諦めて視線を移そう。




不安感とは未来に解決することを予感している

ある種のワクワク感なのだろう。
posted by 変才冨田 at 00:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする