◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2018年07月06日

足楽です輪に関する質問


おはようございます(*≧∀≦)✨
足楽です輪をめっちゃ愛用してます💗
これなしでは働けないぐらいです(笑)
私は医療関係者なので、立ち仕事なので、本当に助かってます(*≧∀≦)
本当に開発してくださってありがとうございます💗

それでご相談なんですが、この足楽です輪は、洗ってもいいんですか?
と言うのも、ちょっと臭くなってきて(^ω^;)
のでぜひ教えてくださいませ✨

回答
強くゴシゴシ洗うと和紙部分が剥がれ落ちて効力も低下します。

洗剤を溶かした水に浸しておくだけで軽く手で絞って干します。

臭いはなかなか除けません。

水素風呂を使用されている方は浸水で除けます。
「ランドリーマグチャン 」を浸水しておくと同様に臭いも洗剤なしで汚れも除けます。
これはお勧めです。


川と海に代わって洗剤なし生活をお願いします。
posted by 変才冨田 at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足楽です輪に関する質問


おはようございます(*≧∀≦)✨
足楽です輪をめっちゃ愛用してます💗
これなしでは働けないぐらいです(笑)
私は医療関係者なので、立ち仕事なので、本当に助かってます(*≧∀≦)
本当に開発してくださってありがとうございます💗

それでご相談なんですが、この足楽です輪は、洗ってもいいんですか?
と言うのも、ちょっと臭くなってきて(^ω^;)
のでぜひ教えてくださいませ✨

回答
強くゴシゴシ洗うと和紙部分が剥がれ落ちて効力も低下します。

洗剤を溶かした水に浸しておくだけで軽く手で絞って干します。

臭いはなかなか除けません。

水素風呂を使用されている方は浸水で除けます。
「ランドリーマグチャン 」を浸水しておくと同様に臭いも洗剤なしで汚れも除けます。
これはお勧めです。


川と海に代わって洗剤なし生活をお願いします。
posted by 変才冨田 at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私たちの三つの仕事

私たちの姿は球体です。

A 中心核は生命体です。

B それを包み込む共同体があって、

C 目に見える外側は経済体です。

それぞれに仕事があります。

そしてそれら三つの仕事は緊密にリンクさせることが
大きなミッションです。


Aでは自己涵養という仕事です。
エゴギョウでは火性(自己)

何を選んで如何に食べるか。

己を創造する仕事ですね。

Bは共同体の一員として周辺の目に見える人たちへの貢献です。
エゴギョウでは土性(自分)

志しある人は頼られる人になろうとしますが、それだけでは半人前です。

しっかり他者を頼れる人になることが必要です。

頼ることは相手の力を引き出すことに貢献します。

主体性と依存性の両方が必要です。

人を育てるとはしっかり頼ることなのです。

これで共同体が存続できます。

家庭も地域も仕事場も活力が生まれます。

誰も困らないようなセイフテイーネットができます。

共同体に貢献できるようになることがミッションです。

共同体において己のみという世界から「自分」という広い世界が生まれます。

自分作りは家庭がその創造場所の最小単位です。

ここで習慣が形成されるので重大です。

最後に社会的なC経済体で社会的役割を与えられた「私」が形成されます。
エゴギョウでは金性(私)

ここで経済的活動をします。

経済とはエネルギーの獲得です。

この獲得したエネルギーは社会維持に使われるのですが、

余剰分が共同体と生命体にこぼれ落ちてきます。

(現代日本はそうなっています。本来は余剰分が社会維持に回るべき)


己(生命体)→自分(共同体)→私(経済体)

これが私たちの存在形態です。


この3層構造が繋がってダイナミックな動きをすることが
幸せというものです。

Bの共同体が抜けてAとCだけの活動は「利己主義」で幸せになれないですね。

経済体のみになって共同体の家庭や仲間がすっぽり抜けてもダメですね。

稼いだお金の使い道がないです。

お金は稼ぐもののみということでお金の認証ができていないですね。

生命体と共同体の世界だけだと
大きな社会貢献性が乏しくなりますが
「世界の片隅」でひっそりと生きて幸せです。

現代はこのタイプの人が多く、それは自然なことですが経済体がその幸せを圧迫してきます。
それが永続すれば良いのですが、そうはいかなくなりつつあります。

経済体のことを見ないといけないようになっています。


さて
総じて言えば現代世界は経済体制が共同体や生命体にストレスを与えていく流れです。

政府の言う「働き方改革」などはモロに共同体と生命体に圧迫を加えるでしょう。


私たちは別の意味での「働き方改革」が必要です。

もっと共同体と生命体を充実させねばならないですね。

会社貢献にシフトを置くのではなく

社会貢献や共同体貢献に重きがおけるミッションができれば

生命体は輝きます。


繰り返します。

私たちの存在様式は三つの構造があるので、
この三つを有機的に相互リンクさせることで
生き甲斐ある建設的な生き方ができます。




posted by 変才冨田 at 18:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする