◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2018年07月03日

欲求と決定力は比例する モチベーションやテンションに依存しない仕事術

火性の少ない人は決定に時間がかかります。

それでも決定できないことも多いです。

服を買いに行っては買わないで帰ることを繰り返している女性がいます。


何度も買いに出かけて買って帰らないのはどうしてですか。

彼女
買わないといけない、そう思っているだけでそもそも欲しくないのです。


欲求に従えという鉄則からみて、ある意味忠実です。

欲求の度合いに応じた決定力です。


3の欲求は3にふさわしい決定をします。

仮に8の決定をしても、何だかんだ言って最終的には3の行動になるものです。

望みが小さければ結果的には口で大きなこと言っていても小さな行動になるものです。


エゴギョウマンダラチャートのワークはそのあたりに気づくのです。

ところが面白いことに
エゴギョウマンダラチャートで目的を欲求以上に大きく書いてもよいのです。

その気になって
それに見合った行動を書き込んでいきます。

最後までできたら
あとは目的なんか忘れて行為というものを習慣化するだけです。

モチベーションやテンションなくて良いのです。
posted by 変才冨田 at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする