玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年06月15日

足楽です輪のクレームの対処

足楽です輪を使って足指が痛くなるという報告が時々あります。

痛まない人の方が圧倒的に多いので、これは痛むという人の身体に問題が潜んでいます。

そういう人はあまり良い未来が待っていません。

ましてや足楽です輪が原因だと思う人はなおさらですよ。

自分の不具合がせっかく見つけられたのに見つけた足楽です輪のせいにするなんていうのは、

自分は悪くない❗️

という現代人の悪しき特徴です。

こんな情け無い猫状態です。

C9398B53-2DA9-4FF6-AC51-327B823C4724.jpeg


足楽です輪を巻いて「指が痛い」

だから良くないモノだ。

もう巻かない。

嫌なことがあればその原因を自分に求めて追求することです。

だって、多くの人は痛くないのですから。

余程自分は悪いのだろうと点検すべしです。

それができないようでは未来が暗いです。

原因は指の隙間がなくなって指が寄り添っているからです

それに加えて靴の先端が細すぎて(かっこいい?)

指を締め付け指の自由性を奪っています。


これでは五本の指が一体になってしまいそれぞれの役割りができないですね。

脳は指の一本一本を認識できないので指を使って 大地を掴む、蹴るなどができないのです。

指こそが脚の筋肉を作るのでこれでは早くから筋肉を失い介護一直線です。

では、そういう時はどうするか。

靴の先端を広いものに変えて

なおかつ

足指の一本一本を丁寧に

のばす
まわす
捻る
つねる

手の指を間に差し込んで

足首輪グルグル回す

手と足をしっかり指に力を入れて握手するのです。

痛みが無くなったら今までの借金返済です。



posted by 変才冨田 at 00:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

加齢からの膝痛が「足楽です輪」で改善されるワケ


84A987E1-C3AC-4B98-B093-7B7505AED3BE.jpeg84A987E1-C3AC-4B98-B093-7B7505AED3BE.jpeg

左膝痛の方の足型です。左荷重で、しかも左踵により荷重です。
右足指が浮いているので左に荷重がかかるのです。
右から足指がしっかり着地しておれば右脚からの信号が脳に伝わり右にも体重が負担されます。
この場合は足楽です輪を右小指に装着するだけでも膝痛は改善することでしょう。

膝が痛くて困っているお年寄りは多いですね。

体重が外へ流れて大腿四頭筋の内側(内側広筋)が弱ったからです。


大腿四頭筋は腿の前側の四つの筋肉で、これが膝にくっついています。

大腿四頭筋の内側である内側広筋が弱ってくると膝が不安定に揺れて
炎症を起こしやすくなります。

この内側の筋肉が弱ってしまった原因は中心軸を失った結果
この筋肉が鍛えられなくなったからです。

中心に軸があれば体重はこの内側広筋に負荷されて鍛えられます。

以前テニスのアマチュアのシニアプレイヤーで大会で上位を占めていた方がいました。

膝痛に悩まされて困っていました。

この原因も中心軸がぶれていたからです。

当時は「足楽です輪」がなくて重心調整用インソール「姿美人」をお勧めして
テスト用を装着したところ膝痛が軽くなるだけでなく可動域が拡がって動きが良くなっていました。

半歩余分にボールを捉えられそうとの感想でした。

要は中心に体重が乗ればOKです。

そういう意味で「足楽です輪」は装着した瞬間に中心軸が形成されるので凄いですね。

しっかり装着して歩くほどに内側広筋が鍛えられます。

ツボで言えば血海に爪楊枝をツンツンすると
ここが酷く痛む人ほど問題ありです。

膝内側の上部にあるツボです。

膝痛の方はここと膝裏をツンツンすると軽快します。
posted by 変才冨田 at 11:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

大阪6月23日セミナーの内容 エゴギョウマンダラチャートは目的を達成するためのツールですrエゴギョウと合わせて学べるチャンスです


6月23日大阪セミナー


大阪6月23日セミナーの内容
エゴギョウマンダラチャートは目的を達成するためのツールですrエゴギョウと合わせて学べるチャンスです
7EB4F462-A21B-4DD5-8D5D-5DE062407A82.jpeg
ギターの上達を目的にしているのですが、このチャートを見ながら練習することで
目に見えて上達がわかるのだそうです。

もちろん生活習慣の改善や仕事の達成にも使えるツールです。

9時計測開始 計測は全日受講者のみです。

10時開始
病気の原因と治し方
自律神経の関わり

12時30分

お昼休憩
ご飯は玄米ランチで予約必要です。600円です。

1時30分 開始

第二部 エゴギョウ初級編から中級
意識と心の葛藤と「どうありたいのか」がテーマ
活力を生み出すスイッチの見つけ方
エゴギョウの基本知識がないと第三部がよく理解できません。

3時15分
休憩
3時30分

第三部 エゴギョウマンダラチャートの作り方
これまでに全五回の講義をやってきましたが、決定版が完成しました。
エゴギョウマンダラのワークは
自分が今から将来にわたって「どうありたいのか」を軸にしてワークします。
ワークの最中に多くの気づきを得ると思います。
エゴギョウマンダラチャートのワークは大切に何回にもわたって完成させます。
今回は第一回で理論と最初のワークです。

終了 17時(おそらく)

受講費 各部2000円
全受講者は5000円
共済会クラブ員は4000円

場所 大阪市東成区中本3−10−23 BL研究所内
地下鉄 中央線緑橋駅 3番出口をまっすぐ ライフの前 ソフトバンクと王将の間をまっすぐ
大きなマンションの前の駐車場となり 壊れたオブジェのようなバイクが目印です。
お問い合わせとお申し込みは下記へ
050−1193−9391
tetu.tomita@gmail.com


posted by 変才冨田 at 10:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

札幌7月セミナー 8日9日 9日の内容も決まる 桜庭大王とのコラボセミナー 大王は18時30分から

冨田先生の健康講座二日目 7月9日(月) 13時30分〜

【エゴギョウ初級編とマンダラチャート】です◎

つい先月完成した冨田先生のエゴギョウマンダラチャート。

札幌でも学ぶことが出来ます!!
冨田先生のブログより引用。⇓⇓

この利点は
@スッキリしており運用が容易い。
Aエゴギョウの内部にある五行の仕組みをそのままシステマチックに利用できる。
Bゴール設定というミッションを遂行する際に非常に具体的なものになる。
Cミッションそのものが適正であるかどうかが考慮できる。
D Cにより真に自分に相応しい目標かどうか検討できる

具体的にワークはテンションやモチベーションを必要としないで淡々と作業として実行できる。
エゴギョウマンダラチャートを作成する中で、自分にとって大事にすべきことが見えてきます。

エゴギョウについては8日のセミナーで入門編で学ぶことが出来ます。
1日目に参加できない方は事前にお知らせください◎


日時:7月9日(月曜日)13時30分〜16時30分
会場:ノースエイム
    (北18条西5丁目 地下鉄北18条駅より徒歩5分)
参加費 4000円




BL研究所 https://www.bl-oosaka.org/

冨田先生のブログ あすなろ日記 http://inyan.seesaa.net/


櫻庭露樹の「自宅をパワースポットにする方法〜全捨離風水〜」

2018年7月9日(月) 18:30〜20:30


posted by 変才冨田 at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「歩かない」と「歩けない」に違いがあるか 意思の萎えは罪が深い 1

「歩かない」と「歩けない」に違いがあるか。

本質的な違いはありません。

両方とも「歩き」という行為が無いのです。

歩けるという機能を持っている人が歩かないという方が罪が重いですね。

脚の前に意思が萎えているのです。

やがてほんとうに脚も萎えます。


さて、「意思」というものの力は無限です。

全てにおいて意思が「決める」のです。

決定が、それこそ現象を作り出す「行為」を生むわけです。

歩く「つもり」の人がいつまでたっても「歩けない」のは

決定力を生み出す意思の力が弱いからです。

では

意思というものの起源はどこにあるのか。

ライフスタイルというものは習慣で形成され、

習慣の総体こそがあなたそのものです。

自分を変革したいと願うのならば

悪癖を伴ったその習慣こそが標的だ。

習慣を変える!

その決定を下す意思はどこから汲みだせば良いか。

続く



posted by 変才冨田 at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「歩かない」と「歩けない」に違いがあるか 意思の萎えは罪が深い 1

「歩かない」と「歩けない」に違いがあるか。

本質的な違いはありません。

両方とも「歩き」という行為が無いのです。

歩けるという機能を持っている人が歩かないという方が罪が重いですね。

脚の前に意思が萎えているのです。

やがてほんとうに脚も萎えます。


さて、「意思」というものの力は無限です。

全てにおいて意思が「決める」のです。

決定が、それこそ現象を作り出す「行為」を生むわけです。

歩く「つもり」の人がいつまでたっても「歩けない」のは

決定力を生み出す意思の力が弱いからです。

では

意思というものの起源はどこにあるのか。

ライフスタイルというものは習慣で形成され、

習慣の総体こそがあなたそのものです。

自分を変革したいと願うのならば

悪癖を伴ったその習慣こそが標的だ。

習慣を変える!

その決定を下す意思はどこから汲みだせば良いか。

続く



posted by 変才冨田 at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行為と観念 2

糖尿病の方はそのライフスタイルという繰り返された行為で糖尿病に成れた。

治療するにはライフスタイルを変える以外にない。

「祈り」では治らない。

具体的な建設的な行為が必要だ。

極めて当たり前なのに、

ことが平和問題になると「祈る」というのだ。

その滑稽さに気づかない。

「平和は一人一人の心が平和に成れば世界は平和になる」と言う。

一人一人の心の平和は平和を目指す建設的な行為から生まれるということを知らない。



なぜそんな言動になるのか。

平和運動は困難だからだ。

そんなことをしたら当局に目を付けられるかもしれない。

あいつは正義感ぶっている偽善者だと誹られるかもしれない。

それに自分にはやることが沢山ある。

自分は平和を願っていることは間違いない。

そうやって「願ったり、祈ったりしている多数者が勇気ある人々を孤立させて行く。

つまり

儲けるために騒乱を起こす人よりも「願い祈っているだけ」の人々が大多数者なので始末が悪い。

本当の平和破壊者は誰なのだろう。

新幹線での殺人事件をみてそういう思いがよぎった。


posted by 変才冨田 at 00:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

観念と行為



「世界が平和でありますように」という宗教団体のステッカーを見かける。

「祈り」の力をいう人は多い。

そういう人が世界の進歩を押さえ込んでいる一翼だ。


「祈り イノリ」だけで世界は平和になるわけがない。

そんな当たり前のことがわからなくなっている。

行為がないのだ。

世界は唯物的にできており、具体的行為を通してしか変革できない。

生活習慣とは行為そのものの繰り返しであって、

その具体的な行為の繰り返しこそが新たなる現象を創造する。

さて

熱心に祈れば行為に転化するのかというと

自己満足で終わりかねない。

k
世界を変えていこう。

子供への負の財産を出来るだけ取り除こう。

老人が先頭に立って夢を語り

共感者を増やそう。

自分が核を保有しておりながら他者の核を取り上げようという傲慢を傲慢として批判しようえ


日本が核の傘に入らねばという官僚たちの怠慢を取り除こう。

(アメリカの核政策を強化するように要望していた文書が公表されている。

核のない世界を実現するために

今こそチャンスではないだろうか。

安倍さんを退陣させることは第一歩だけれど、

自民党流のやり方を抜け出させよう。


posted by 変才冨田 at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

自然力を信用していない?

食べ物は大切だ❗️

みんなそう言います。

本音は食べモノの力を信用していない。

食べ物はあなたの命を活かしも殺しもする。

あなたをダメにするパワーを食べモノは秘めている。

ダメな食べモノで身体は命をダメにするパワーを秘めていることも知らない。

あなたは自分の身体も信用していない。

食べモノも身体も自然なものですから、

あなたは自然を信用していない。

つまり

あなたは人生の土台にあたるものを信用していないので

しあわせな人生を生きたいと言うあなたを

僕は信用できない。


posted by 変才冨田 at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

福島セミナー 7月21日ご案内

健康のスペシャリスト!
「冨田哲秀」先生を大阪よりお招きしての

「食」「身体」「意識・考え方」
この三つを学べる特別な一日をご用意しました。


さあ、これから先が
真の健康の始まりです♫


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
〇開 場  9時10分〜
  ・自律神経の測定
   ご来場の順にどうぞ♪

〇開 始  10時00分
・第1部「身体」の軸とは
  肩こり、腰痛、頭痛など一発回答!
  あなたにもできる驚異の家庭療法を教えます
  
     12時15分〜休憩 

    
・第2部「意識・考え方」の軸とは 《13時00分〜15:15分》
  東洋哲学である五行説とアメリカで生まれた
  《エゴグラム》を統合した【エゴギョウ】初級編(※前回パート1は入門編)  
  〜心と臓器の関係とは〜

    15時15分〜休憩
    
・第3 部「食」の軸とは 《15時30分〜17:30分》
  病氣の原因と治し方
  〜食と身体の原理を学ぶ〜
  

    終了 17時30分(おそらく) 


〇会 費  3部構成につき 各1,500円
     (全受講4,000円 ) ※当日受付にてお支払い願います

〇会 場 滑川公民館 須賀川市(和室)P20台有
     ※この日は「アースデイ」も開催のため
     銀河のほとりには停めないでください。


〇主催 福島ありがとうプロジェクト 
 共催 銀河のほとり

〇申込先 ☎090 4633 5749 大竹茂(たけ)
Mail: foot@asimomi-take.net もしくはFBのメッセンジャーにて
《件名:7/21講座について》
 ※お名前・希望講座・日頃の疑問・この講座に期待すること、冨田先生に聞きたいことなど何でも結構です)


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

講 師:冨田 哲秀 
株式会社 玄 代表取締役  BL研究所 所長 食養研究家 東洋哲学研究家
    20歳から玄米食を始め40歳でBL研究所を立ち上げ以来、全国各地で講演活動を行い玄米食普及に携わり27年間で2万人を超える人の食養相談に応じて慢性疾患改善に導いてきた。

その間に人間関係改善のためのツール「エゴギョウ」を開発し、それは企業、学校、個人の多くの方に利用されている。
著書 「食養学入門編」「食養学初級編」など
HP   https://www.bl-oosaka.org/
ブログ 「あすなろ日記」
posted by 変才冨田 at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

6月23日 大阪セミナー


6月23日大阪セミナー

9時計測開始 計測は全日受講者のみです。

10時開始
病気の原因と治し方
自律神経の関わり

12時30分

お昼休憩
ご飯は玄米ランチで予約必要です。600円です。

1時30分 開始

第二部 エゴギョウ初級編から中級
意識と心の葛藤と「どうありたいのか」がテーマ
活力を生み出すスイッチの見つけ方
エゴギョウの基本知識がないと第三部がよく理解できません。

3時15分
休憩
3時30分

第三部 エゴギョウマンダラチャートの作り方
これまでに全五回の講義をやってきましたが、決定版が完成しました。
エゴギョウマンダラのワークは
自分が今から将来にわたって「どうありたいのか」を軸にしてワークします。
ワークの最中に多くの気づきを得ると思います。
エゴギョウマンダラチャートのワークは大切に何回にもわたって完成させます。
今回は第一回で理論と最初のワークです。

終了 17時(おそらく)

受講費 各部2000円
全受講者は5000円
共済会クラブ員は4000円

場所 大阪市東成区中本3−10−23 BL研究所内
地下鉄 中央線緑橋駅 3番出口をまっすぐ ライフの前 ソフトバンクと王将の間をまっすぐ
大きなマンションの前の駐車場となり 壊れたオブジェのようなバイクが目印です。
お問い合わせとお申し込みは下記へ
050−1193−9391
tetu.tomita@gmail.com



posted by 変才冨田 at 16:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公文書改竄に関わった公務員38人不起訴! これが大ニュースにならないことが大ニュースではないだろうか?

CD1E012B-B372-4413-A260-146C580B805F.jpeg
公文書は石垣であってこれが勝手に違うものが組み込まれていたとしたら
全体が虚構になるのです。
後世の人々は歴史判断ができないのです。

マスコミは連日に渡って森友学園問題を扱っていますが、不起訴決定こそが大ニュースとして扱うべきものです。
そして これが大ニュースとして扱われない事態こそが
本当の大ニュースです。

福田元首相は改竄に関わって自殺した人はどうなるのか?
と言及しています。

今後の公文書改竄にお墨付きを出したわけで
これが大ニュースにならないくらいにマスコミは腐っているわけです。

安倍さんの日頃の努力であるマスコミ接待が報われたようです。

posted by 変才冨田 at 16:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月8日 9日札幌二日連続セミナー しかも9日は大王桜庭さんとコラボセミナー

健康のスペシャリスト冨田哲秀先生をお呼びいたします♬


私たちが普段何気なく行動したり考えたりしている無意識の世界。
その無意識に意識していくことによっていろんなことが変化していきます。
まずは自分の無意識に気づくこと。そこからが真の健康の始まりです(^^)

「食」「身体(姿勢)」「意識」
の三つを学べる特別な一日をご用意しました◎
(※二日目はさらに一歩深めた内容で開催します!)


健康の第一歩、
無意識の自分の扉を開いてみませんか?
なりたい自分になるヒントがたくさんあります◎




日時:7月8日(日曜日)
会場:MOAアートホール 2F 大会議室
札幌市西区二十四軒4条2丁目8−31
《アクセス》JR琴似駅より徒歩5分 *地下鉄琴似駅より徒歩5分 北海道ポリテクセンター様向かい 屋内P有り


◆午前 10時〜12時(2時間)
「身体と心をみつめる初めての人のための健康講座」  
・七号食・元米、食事についてなど
  参加費:3000円


・ランチタイム (12時〜13時)
お弁当を持参、もしくは futagoya さんの酵素玄米のマクロビ弁当 (要予約 1200円お茶付き)


◆午後  13時〜16時 (3時間)
 参加費:4000円
 ・「身体(姿勢と足楽です輪)のお話し」
 ・「無意識の意識を知ろう エゴギョウ入門講座」


※連続参加特典※
・午前と午後、両方にご参加の方はスーパーぬかを一袋プレゼント致します!


会場住所:MOAアートホール
札幌市西区二十四軒4条2丁目8−31)2F 大会議室
《アクセス》JR琴似駅より徒歩5分
      地下鉄琴似駅より徒歩5分
    北海道ポリテクセンター様向かい 屋内P有り





<<夜の部 大人の特別交流会>>
          ※場所はSpace KOUに変わります。
18時より、希望者のみ自律神経測定 無料
                会場:Space KOU


交流会の参加費は1000円(要予約)
軽食をご用意いたします。
冨田先生との雑談会となります。もっとお話聞きたい、いろいろ質問したいという方はぜひ。どなたでもご参加いただけます。



夜の部の会場
Space KOU(中央区円山西町3丁目5−47)駐車場7台分お車の方は事前にお知らせください。
《アクセス》
地下鉄東西線 円山公園駅より円山西町神社前行(円15)で10分 「円山西町3丁目」下車 徒歩5分
posted by 変才冨田 at 10:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エゴギョウマンダラチャートについて 7

人は
今まさに自分がやっていることの是非に捉われます。

していないことの結果には気が付かないのです。


7号食においても同様です。

玄米だけ食べているので、体調がこんなに良くなるのは玄米のお陰だと思うのです。

実は余計なものを食べていないので体調が良いのです。

玄米の効果は3割
余計なものを食べていない効果は7割です。


同じように仕事の場面がありますw

思い通りに仕事ができない理由は
余計なことをしていることが原因かもしれないですね。

しないことリストを作って実行すれば結果も違ってくるのです。




posted by 変才冨田 at 00:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

米を食べる意味 5

これまで述べてきたように穀物生産が人類の文明文化を創造しました。

全ての慣習も元は穀物生産から始まっています。

私有財産という仕組みも穀物生産力の増加が起源です。

穀物の生産の仕組みは人間性の創造にも深く関わってきたのです。

穀物を多く食べるようになって生理の仕組みも大きく変えてきました。

この穀物の生産量や消費量が少なくなると世の中にさまざまな大きな変化が起きます。

一例を挙げれば

村の多様な催事です。お祭りができないという町や村が多くなっています。

お神輿の担ぎ手がいないのです。

お米を栽培しても食べられないので都会に若い人は流れていきました。

お神輿も老朽化していて修理をしようにも伝統的な建物に関わる宮大工が近くにいないのです。

漆職人も激減です。


そういえば割烹を長年にわたりやってきた料理人が店じまいすると宣言しました。

理由は日本包丁の研ぎ師がいなくなってメンテができなくなってからだと言います。

親しい研ぎ師が引退したのです。

研ぎ師が引退した理由は良い研ぎ石が手に入らないからと言います。

さらに

研ぎ石を作る職人さんも研ぎ石が手に入らないから辞めたと言い

採掘現場では研ぎ石の需要がなくなったから辞めたと言うのです。

要は

和食の中心である米という主食の消費が激減したことが原因で始まった負の連鎖です。


主食の自給率はほぼ100パーセントで問題無いように見えていますが

これは昔のように年間140kg食べるようになったら受給率は半分です。

米を食べなくなった量が小麦に置き換えられています。

小麦の消費はパンやパスタなどのカタカナのレシピが増えて

それに連れて油脂類の消費が伸びます。

伝統食には油脂類がありません。

江戸時代にフライパンが無かったでしょう。

油脂類と獣肉に含まれる脂肪の消費増大こそが慢性疾患の本因だと僕は考えています。


それが証拠に7号食ではゴマに含まれる油と米に含まれる米油しか摂取していません。

一切の他の油脂類を摂取していないので体調が改善します。

米をしっかりと主食の位置に戻すことは伝統食へ戻す道筋です。
posted by 変才冨田 at 10:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

米を食べる意味 4

穀物の炭水化物を糖質に変化させそれを主体に食べ始めた人類は大きくその脳も社会も進化させました

糖質は高濃度の脳のエネルギー源です。

得たエネルギーを使って高度の手作業が始まりさらに大脳を発達させました。


穀物食は高エネルギーだけでなく長期保存できるという点がエポックでした。

食料の安定供給は余剰時間を生み出し、それが生産道具などの製作を促しました。

つまりは穀物食が人という動物から人間という社会的動物に進化させたのです。

糖質制限食などは進化的に逆行です。


けれども面白いもので食料の保存は財産概念を生み出して
奪い合うものとしての意味ができました。

穀物を作る土地も財産としての意味を持つようになったのです。

私有財産の仕組みは穀物生産が生み出したものです。

穀物食は人類同士の闘争を以後長期にわたって繰り返されることになりました。

皮肉なことに戦は殺人道具を進化させて、それが生産道具の進化にも役立たれてきました。

兵器の発達が人類社会に発達にリンクしてしまったのです。


posted by 変才冨田 at 15:41| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする