玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年05月12日

エゴギョウマンダラチャート 5 目的の意味

会社の目的は利益を上げることだと言いますが、僕はそうは思えないです。

目的はみんなの役に立つものやコトを創造することにあると思う。

それが無ければ存在する意味がない。

みんなの役に立つから支持されて、会社のモノやコトを買っていただき
結果として利益が上がって存続できる。

利益が上がらないのは無くてよい会社と通告されていることと同じです。

まずは目的があって会社が設立される。

当初の資本金ではその目的に行けません。

少しでも利益が上がればそこに近づきます。


札幌に旅行の目的があるけれど、手持ちの旅費では行けません。

途中でアルバイトしながら稼いで札幌に近づく。

会社とはそういうものでしょう。

お金を稼ぐのは目標です。

目標に到達して次の旅ができます。

目的に達するためのお金です。

会社を作る時に利益を上げるのが目的なら、いったいその会社はどこへ行くのでしょう。

中心軸は目的です。

目標は単なる手段です。

私達もお金を稼ぐために生まれてきたわけではない。

豪邸を建てたり豪勢な生活をする為に、

あるいは食べるために生きているわけではない。

共同体の役に立つ生き方、活き方をすることが目的ですね。

それが私達を生かしてくれることになるでしょう。

みんなが役に立つ情報、モノ、コトを作って

つまり価値を作って生かされる。

目的って活き方の中心軸なんです。

目標は手段ですから引きずられないコトですね。

手段を手に入れて満足してしまうのは
目的があいまいだからです。



posted by 変才冨田 at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エゴギョウマンダラチャート 5 目的の意味

会社の目的は利益を上げることだと言いますが、僕はそうは思えないです。

目的はみんなの役に立つものやコトを創造することにあると思う。

それが無ければ存在する意味がない。

みんなの役に立つから支持されて、会社のモノやコトを買っていただき
結果として利益が上がって存続できる。

利益が上がらないのは無くてよい会社と通告されていることと同じです。

まずは目的があって会社が設立される。

当初の資本金ではその目的に行けません。

少しでも利益が上がればそこに近づきます。


札幌に旅行の目的があるけれど、手持ちの旅費では行けません。

途中でアルバイトしながら稼いで札幌に近づく。

会社とはそういうものでしょう。

お金を稼ぐのは目標です。

目標に到達して次の旅ができます。

目的に達するためのお金です。

会社を作る時に利益を上げるのが目的なら、いったいその会社はどこへ行くのでしょう。

中心軸は目的です。

目標は単なる手段です。

私達もお金を稼ぐために生まれてきたわけではない。

豪邸を建てたり豪勢な生活をする為に、

あるいは食べるために生きているわけではない。

共同体の役に立つ生き方、活き方をすることが目的ですね。

それが私達を生かしてくれることになるでしょう。

みんなが役に立つ情報、モノ、コトを作って

つまり価値を作って生かされる。

目的って活き方の中心軸なんです。

目標は手段ですから引きずられないコトですね。

手段を手に入れて満足してしまうのは
目的があいまいだからです。



posted by 変才冨田 at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーヌカで太れない体質を❗️

先日送っていただいたスーパーヌカ、遅ればせながらようやく今日の夕飯で食べました。
体の変化については改めてレポートさせていただきます。

味は、ヌカの匂いなのにヌカ臭くなくて、不思議。

いろいろかけてみましたが、何にかけても優しいおいしさですね。
先生のブログでは、美味しくて食べすぎる、とありましたが、それは大丈夫でした。満足感があり、食後もデザートやおやつに手が伸びない感じです。

お腹の調子の変化が楽しみです。

コメント
スーパーヌカは太れない体質を作ります。
理由は整腸作用です。



腸内菌がその体質を創造します。


スーパーヌカは2袋あれば一月OK です。

2505540円

足楽です輪 購入につき一袋サービス中
posted by 変才冨田 at 22:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする