玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年05月09日

北九州セミナー 5月13日


5月13日 北九州セミナー

例によって遅いご案内です。 5月13日 北九州セミナー ★
第1部 マンダラチャートとは何か それで何ができるか モチベーション無しでもゴールに向かえる方法 第2部は前回違う話をしてしまったので、
9CA23FF1-4555-473A-98E5-B9EC0FEAF406.jpeg
特別に開発しました。
エゴギョウマンダラチャートです。
今回はモチベーションも高いテンションがなくても、淡々とゴールできるツールの解説とワークです。
今回が初のセミナーです。

以下は前回の予定でしたが、できなかったので再度のセミナーです。
第2部エゴギョウ中級から 矛盾した心があなたを止める

第3部 色彩と心 浅利診断技法の紹介 〜 食・心・姿勢・トミタの世界の見方 〜 いわずと知れた心と体をプロデュースするスペシャリストの船長が来福!! 1day講座となっています。..



9時30分より会場があきます。


10時〜12時 (食)

12時〜13時分お昼

13時〜15時 エゴギョウ

15時〜15時30分休憩

15時30分〜16時30分


会 費: 午前中1,500円 午後部2,500円
(全受講4,000円)

050-1193-9391 問い合わせ先
tetu.tomita@gmail.com
場 所:遠賀コミュニティセンター 〒811-4302 福岡県遠賀郡遠賀町大字広渡23番地6 ☎️093-293-6525 ※駐車場は、無料です。 ..

参加お申込みは
070-1823-6006
posted by 変才冨田 at 22:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北九州セミナー 5月13日


5月13日 北九州セミナー

例によって遅いご案内です。 5月13日 北九州セミナー ★
第1部 マンダラチャートとは何か それで何ができるか モチベーション無しでもゴールに向かえる方法 第2部は前回違う話をしてしまったので、
9CA23FF1-4555-473A-98E5-B9EC0FEAF406.jpeg
特別に開発しました。
エゴギョウマンダラチャートです。
今回はモチベーションも高いテンションがなくても、淡々とゴールできるツールの解説とワークです。
今回が初のセミナーです。

以下は前回の予定でしたが、できなかったので再度のセミナーです。
第2部エゴギョウ中級から 矛盾した心があなたを止める

第3部 色彩と心 浅利診断技法の紹介 〜 食・心・姿勢・トミタの世界の見方 〜 いわずと知れた心と体をプロデュースするスペシャリストの船長が来福!! 1day講座となっています。..



9時30分より会場があきます。


10時〜12時 (食)

12時〜13時分お昼

13時〜15時 エゴギョウ

15時〜15時30分休憩

15時30分〜16時30分


会 費: 午前中1,500円 午後部2,500円
(全受講4,000円)

050-1193-9391 問い合わせ先
tetu.tomita@gmail.com
場 所:遠賀コミュニティセンター 〒811-4302 福岡県遠賀郡遠賀町大字広渡23番地6 ☎️093-293-6525 ※駐車場は、無料です。 ..

参加お申込みは
070-1823-6006
posted by 変才冨田 at 22:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エゴギョウマンダラチャートの解説

このセミナーはあちこちで実行しますが遠方の方のために参考で書きます。
会場に近い方はご参加ください。

(1)エゴギョウマンダラチャートの前提
習慣は人生を創造する。
1 「私たちの生活はすべて、習慣いの集まりにすぎない」。
2  意思決定の40%以上は習慣。
チャレンジできない理由は変化を嫌う習慣にある。新しい情報があなたの行動の変化を促しても動かない理由。習慣が断るようになっている。
3 新しい習慣をつくるには「ハイ、やります」を即断。考えると今までの習慣が割り込むからだ。
4 「ハイ、やります!」からすべてが始まる。
5 エゴギョウマンダラチャートは「ハイ、やります」から始まる。

(2)エゴギョウマンダラチャートは習慣を変えるためにつくられた
例えば健康になるために1時間のウオーキングを毎日やると決める。
けれど、いろんな障害があって三日坊主。
いろんな障害の内容はこれまでの習慣なのだ。
疲れることはしたくない(不快という感情)
歩くよりもっと有意義なことがあるじゃないのか、という歩かないことへの正当性の主張。
つまり、建設的な習慣は古い習慣を追い出すことでしか定着しない。

続く
posted by 変才冨田 at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何が起きるかわからないから、偶有性の海に飛び込め❗️

以下は脳生理学者の茂木さんの意見です。

「何が起きるかわからない」という偶有性は、逃げようとすれば追いかけてくる。
思い切って、自ら偶有性の海に飛び込んでしまった方が良い。偶有性との付き合い方を学ぶこと。
自分の中にも偶有性の海があることを知ること。気持ちが楽になる。
生まれた最初の日から、自分は海に飛び込んでいたんだから。

コメント

一人でやるビリヤードは計算できます。
ゴール設定ができます。

けれど、この世界のビリヤードはみんながそれぞれに
一斉にボールを突いています。

いくら計算しても他人が突いたボールが飛んできて自分の意図された方向に転がるボールに横合いから当たってきます。
その体当たりによって軌道が曲がっても文句は言えないです。
怒る方がどうかしています。

思い通りにならないからといって怒るのは気がおかしくなっているのです。
思い通りにならなくてあたりまえです。

むしろ他者のボールが当たってくれたことで思いもしない経験ができるのです。
その偶発性を喜ぶところなんです。

ゴール設定をして意図して突くのは意味があるのです。
その意図した方向に突いたことが偶発性に意味を与えます。

そこへ突かなければ偶発性も起きないのです。
それを茂木さんは偶有性という言葉で意味づけたのではないでしょうか。

偶有性を楽しみましょう。
新しい何かをすることで偶有性の海に飛び込んで人生を楽しみましょう。
posted by 変才冨田 at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする